第334回定例県議会の知事提出議案説明要旨を掲載しました。

 第334回定例県議会(平成30年11月30日)

 知事提出議案説明要旨

 ただいま提出しました議案について、その概要をご説明いたします。

 まず、議第95号は、平成30年度一般会計補正予算案です。

 今回の補正予算案におきましては、本年8月の台風20号等による被害への対応や、県立高等学校の耐震化など緊急に措置を必要とする経費について、41億1800万円余を追加計上いたしました。

 以下、主なものについてご説明いたします。

 まず、台風20号等による被害に対応するため、道路や河川等の公共土木施設、農地及び農業用施設、林道、国指定文化財等の災害復旧事業を計上しました。

 次に、県立高等学校の耐震化について、改築が必要な校舎等の設計や、仮設校舎の設置などに要する経費を債務負担行為と合わせて計上しました。

 また、来年5月に開催する「ムジークフェストなら2019」の準備を進めるとともに、県と吉野町とのまちづくりに関する包括協定に基づき、吉野町が実施する吉野山地区のまちづくりの検討に対して支援を行います。

 さらに、来年4月執行予定の知事選挙及び県議会議員選挙にかかる経費を計上しました。

 このほか、県基金の拡充のため、国の医療介護提供体制改革推進交付金等を地域医療介護総合確保基金へ、平成29年度決算剰余金を財政調整基金へそれぞれ積み立てます。

 また、一般職の職員の給与につきましては、去る10月、人事委員会から給料表及び勤勉手当の支給月数等の改定に関する勧告がありましたので、その趣旨に則り給与改定を実施することとし、県議会議員及び知事等の期末手当と合わせ、所要の予算措置を講じることといたしました。

 次に、繰越明許費につきましては、林道整備事業などについて、事業費を翌年度に繰り越すため、措置するものです。

 また、債務負担行為につきましては、先に申し述べました高等学校耐震化事業や、なら食と農の魅力創造国際大学校運営事業等について、契約手続き等を進めるため、設定や変更を行うものです。

 以上が今回の一般会計補正予算案の概要です。

 次に、その他の議案についてご説明いたします。

 議第96号から議第102号は、条例の改正についての議案です。

 議第96号は、準用河川の用に供されている国有財産にかかる境界確定等の事務を処理する町村を追加する改正です。

 議第97号は、県議会議員及び知事等の期末手当の額を、議第98号は、一般職の職員の給料等の額をそれぞれ改定するものです。

 議第99号は、個人県民税の所得割の税額控除対象に公益財団法人ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会に対する寄附金を追加する改正、議第100号は、奈良県消費者行政活性化基金条例の有効期限を延長するための改正です。

 議第101号は、建築基準法等の改正に伴い、自動車車庫等の構造に係る制限の一部を廃止する等の改正、議第102号は、奈良高等学校の位置について特例を定めるための改正です。

 次に、議第103号から議第105号は、道路整備事業等にかかる請負契約の締結及び変更についての議案です。

 議第106号及び議第107号は、公立大学法人奈良県立医科大学及び地方独立行政法人奈良県立病院機構の中期目標の制定について、議第108号は、奈良県道路公社を解散することについて、議決を求めるものです。

 議第109号は、平成31年度における当せん金付証票の発売総額を定める議案です。

 報第30号は、道路管理瑕疵にかかる国家賠償請求事件の控訴などについて、報第31号は、自動車事故にかかる損害賠償額の決定についての専決処分の報告です。

 以上が今回提出した議案の概要です。

 どうぞ慎重にご審議のうえ、よろしくご議決またはご承認いただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせ

政策推進課  
所在地/〒630-8501 奈良県登大路町30番地
電話番号/0742-27-8306 E-mail/seisakuc@office.pref.nara.lg.jp