大型連休中の海外旅行では感染症に注意しましょう!

 ゴールデンウィークには、多くの方が海外へ渡航されます。海外で感染症にかからないようにする

ためには、感染症に対する正しい知識と予防法を身に付けることが大切です。

〇海外での感染症予防のために
・最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した感染症(A型肝炎、コレラなど)です。
・動物や蚊・マダニなどが媒介する病気で、日本で発生していないものが海外では流行している 
  ことがあり、注意が必要です。
・麻しん(はしか)や風しんは、海外で感染することがあり注意が必要です。

〇海外へ渡航する前に
・渡航先で流行している感染症を確認しましょう。

〇旅行中に注意すべきこと
・無理のないスケジュールを心がけ、避けられる危険を把握し、楽しい旅行にしましょう。
・生水・氷・カットフルーツが入ったものを食べることを避けましょう。
・十分に火が通った信頼できるものを食べましょう。
・蚊やダニに刺されないように、必要があれば、長袖・長ズボンを着用する、虫よけ剤を使うなどし
  ましょう。
・野生動物は狂犬病や鳥インフルエンザなどの原因となるウイルスを持っていることがあります。ま
  た、ヒトコブラクダはマーズ(中東呼吸器症候群)コロナウイルスを持っていることがあります。
  近寄らないようにしましょう。

〇帰国時・帰宅後に体調が悪くなった時
・検疫所では、渡航者の健康相談を行っています。帰国時に健康上心配なことがあれば、検疫官に相

  談してください。
・感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が長いものもあり、帰国後数日から数

  週間してから具合が悪くなることがあります。具合が悪くなったら、医療機関を受診し、渡航先、

  現地での飲食状況、動物との接触の有無などについて必ず伝えてください。
・その他不安な点は、最寄りの保健所にお問い合わせください。

●海外での感染症に関する更に詳しい情報は、厚生労働省検疫所ホームページに掲載されています。
 https://www.forth.go.jp/をご覧ください。


【報道発表資料】(pdf 238KB)

お問い合わせ

疾病対策課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
感染症係 TEL : 0742-27-8612
精神保健係 TEL : 0742-27-8683
がん対策係 TEL : 0742-27-8928