吉野林業・木材の現場を体感する!~高等技術専門校訓練生が3科合同校外授業~

報道資料

ハロートレーニング急がば学べのロゴマーク

令和元年5月17日
奈良県立高等技術専門校
担当:湯浅、堀内
TEL:0745-44-0565

「吉野林業・木材の現場を体感する!」
~高等技術専門校訓練生が
3科合同校外授業~

 奈良県立高等技術専門校では、樹木や木材にかかわる仕事に就こうとする訓練生がこの仕事の社会的意義を自覚するとともに、木材の生育、製材、流通等の現場を体感して実際に働くイメージを持った上で就業につなげていくことを目的として、吉野町のご協力をいただき、以下のとおり3科合同校外授業を実施します。

1. 概要

家具工芸科、建築科、造園技術科合同校外授業
 吉野林業・木材の現場を体感する
樹木や木材にかかわる仕事に就こうとしている訓練生が、伝統ある吉野材を育てる『吉野林業』の技術を現場で見学することにより、県産材やその利用についての知識を修得する。また、製材・加工・販売などの仕事の実際を見て林業にかかわる仕事への理解を深め、関連業種への就労につなげる。

2.スケジュール

 令和元年5月22日(水曜日)
    8時50分    高等技術専門校 出発
  10時00分~ 山守ツアー(吉野町西谷)開始
         吉野材育成地、山林見学、伐採の実演
  12時50分~ 吉野サロン(吉野町丹治)
         吉野材を使用したモデルハウスの見学
  14時20分~ 吉野中央木材(株)(吉野町橋屋)
         製材の現場を見学
  16時10分    高等技術専門校 帰着

3. 参加予定者

 高等技術専門校 訓練生及び指導員 合計 56名

4. 昨年度までの状況

 吉野町のご協力をいただいて、吉野林業を見学合同校外授業を行いました。この授業で購入した吉野材を使用し、訓練生が製作した家具を専門校展で 展示販売し好評をいただいたり、参加した訓練生が県産材を利用する建築業、製材業、家具製造業や吉野町の地域おこし協力隊に就職する等の好循環が生まれています。