奈良県外国人観光客実態調査(平成24年)について

 

 奈良県では、平成18年に、対面聞き取りによるアンケートとして「外国人観光客実態動向調査」を行いましたが、その後5年を経過し、昨今におけるインターネット環境の急速な普及やインバウンドを取り巻く状況変化に伴い、あらためて調査を行う必要を感じ、下記のとおり、調査を行いました。

 その結果をまとめたので、公表します。

 

 

 (外国人観光客実態調査の概要)

 

1 調査時期  平成23年12月~平成24年5月

 

2 調査実施数 591件

 

3 調査方法

  ・県国際交流員等による外国人観光客に対する聞き取り調査

  ・一部の旅館ホテルに調査票を備え付け

  ・言語  中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、英語、仏語

 

4 調査場所 東大寺、興福寺、奈良公園周辺

 

5 調査にあたった国際交流員と出身国

    王 俊(中国)

    牛 楊陽(中国)

    文 閏貞(韓国)

    ロシュヴィル・ルーシー(仏国)

    キム・ジェニファー(カナダ)

    ウィルソン・ジェームズ(アイルランド)

    


 

平成24年外国人観光客実態調査結果報告書 

目  次

 

 

1 奈良県国際観光の現状            P.1

 

2 外国人観光客実態調査の内容        P.2

 

3 今回の外国人観光客実態調査の特徴    P.3

 

4 総括~調査結果の分析と問題~       P.4

 

5 今後の課題                    P.7

 

6 調査結果データ
   調査数                                  P.9~10
   地域別訪日回数、地域別訪奈良回数                P.11
   地域別日本滞在日数(宿泊数)                   P.12
   奈良県を訪れることを決めた時期                  P.12
   奈良ではどこを訪問したか                      P.12
   地域別旅行形態                            P.13
   誰と来たか                                 P.13
   グループ人数                               P.13
   奈良を訪れた目的(地域別・男女別)                P.14~15
   奈良を訪れた目的(年齢・回数別)                   P.16~17
   訪日ルート                                P.18
   印象に残った訪問地                          P.19
   県内利用交通機関                           P.20
   お土産購入予算                             P.21
   日本滞在中に購入した物                       P.21
   渡航前に日本の情報を得るのに役立ったもの          P.22
   日本滞在中に、奈良県の情報を集めるのに役立ったもの    P.23
   渡航前に不足した日本(奈良県)に関する情報          P.24
   奈良県に滞在中、不足していた情報                P.24
   奈良への再訪問希望                         P.25




 ※1~5はページ内リンクです。 

 

(参考)

   調査票(日本語)
   調査票(中国語・簡体字)

   調査票(中国語・繁体字)

   調査票(韓国語)

   調査票(英語)

   調査票(仏語)