出会う 奈良県の日本遺産

平成27年(2015年)に認定が開始された日本遺産は、我が国の文化・伝統を語るストーリーを遺産として
認定するものです。現在、奈良県には2つの日本遺産があります。ここでは、日本遺産の概要及び県内にある
日本遺産についてご紹介します。

japan heritage

日本遺産とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを、
文化庁が遺産として認定するものです。
地域が主体となって、ストーリーを構成する文化財を整備・活用し、戦略的に発信することにより、
地域の活性化を図ることを目的としています。
世界遺産登録や文化財指定が遺産(文化財)の価値付けと保護を目的としているのに対して、
日本遺産は地域活性化を目的としている点で違いがあります。

①歴史的経緯や地域の風習に根ざし、世代を超えて受け継がれている伝承、風習などを踏まえたものであること。
②ストーリーの中核には、地域の魅力として発信する明確なテーマを設定の上、建造物や遺跡・名勝地、祭りなど、地域に根ざして継承・保存がなされている文化財にまつわるものを据えること。
③単に地域の歴史や文化財の価値を解説するだけのものになっていないこと、が必要とされます。

日本国創成のとき~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~

平成27年(2015年)認定

飛鳥時代は、女性が力強く活躍した時代でした。政治面では、推古天皇による仏教の導入、斉明天皇による飛鳥の大開発、持統天皇による大宝律令の制定などがなされました。また、文化面では持統天皇や額田王など多くの女流歌人が歌を詠み、宗教面では善信尼が仏教興隆の先駆者となりました。このように、日本が国家として歩み始めた創生期に、政治・文化・宗教の各方面で女性が活躍しており、その痕跡は飛鳥の地に色濃く残っています。
構成文化財としては、藤原宮跡、雷丘東方遺跡、伝飛鳥板蓋宮跡、飛鳥寺跡、天武・持統天皇陵、高松塚古墳などがあります。関連する市町村は、明日香村、橿原市、高取町です。

関連リンク:飛鳥女史紀行: 日本国創成のとき〜飛鳥を翔た女性たち〜

写真提供 吉野地域日本遺産活性化協議会

森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ

平成28年(2016年)認定

奈良県南部の吉野地域では、約500年にわたり植林と伐採が行われており、
その独自の造林技術が美しい「吉野材」を生み出すこととなりました。
一方で、山の稜線伝いにある神仏を巡る修行の道周辺では、
天然の森に手をつけることなく守り続けました。このように、
人工の森と天然の森が共存する点が、この地域の特徴です。

天然の森には山の神の信仰があり、点在する寺社や祠にその名残を見ることができます。
また、この地域で暮らす人々には森の資源を活かした生活文化が根付いており、今に伝えています。
構成文化財としては、金峯山寺本堂、本善寺、シシンラン群落、吉野水分神社、大峰山寺、吉野の樽丸製作技術などがあります。
関連する市町村は、吉野町、下市町、黒滝村、天川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村です。