【概要】1日こども知事

 奈良県政に対する興味や奈良に対する愛着を深めてもらうため、知事の執務を体験してもらう「1日こども知事」を実施しました。県内の小学校5・6年生197名から応募があり、10名に荒井知事から任命書が手渡されました。
 「こども知事」は職員を前に就任挨拶をしたあと、応募作文に基づき記者会見を行う「模擬記者会見」に臨みました。記者会見では、報道陣からの鋭い質問にも臨機応変に回答していました。
 昼食をはさんで午後からは、防災統括室を訪れ、防災に関するビデオを鑑賞したあと、防災行政無線の設備等を視察しました。その後、ならの魅力創造課を訪問して、せんとくんの仕事ぶりを視察しました。
 「こども知事」は荒井知事に積極的に質問するなど意欲的に取り組み、充実した時間を過ごせた様子でした。