○自動車の管理及び使用に関する規則

昭和四十三年五月一日

奈良県規則第十二号

自動車の管理及び使用に関する規則をここに公布する。

自動車の管理及び使用に関する規則

(趣旨)

第一条 この規則は、県の保有する自動車の保管、整備その他自動車の管理を適正にし、その効率的な使用を図るため、自動車の管理及び使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条 この規則において「自動車」とは、道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第二条第二項に規定する自動車及び同条第三項に規定する原動機付自転車で課等の保有するものをいう。

2 この規則において「課等」とは、知事事務部局の本庁の課、室、センター及び出先その他の機関、教育委員会事務局の課、室、事務所及び教育委員会の所掌する学校その他の機関、議会事務局の課、選挙管理委員会事務局、人事委員会事務局、監査委員事務局、労働委員会事務局並びに収用委員会事務局をいう。

3 この規則において「安全運転管理者等」とは、道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第七十四条の三第五項に規定する安全運転管理者等をいう。

4 この規則において「整備管理者」とは、道路運送車両法第五十条第一項に規定する整備管理者をいう。

5 この規則において「集中管理車両」とは、管財課の保有する自動車のうち、主として課等(知事事務部局の本庁の課(南部東部振興課を除く。)、室(移住・交流推進室、うだ・アニマルパーク振興室及び新総合医療センター建設室を除く。)及びセンター(産業振興総合センターを除く。)、教育委員会事務局の課、室及び事務所、議会事務局の課、選挙管理委員会事務局、監査委員事務局並びに収用委員会事務局に限る。次項並びに次条第三項及び第四項において同じ。)の使用に供するためのものをいう。

6 この規則において「共用車」とは、課等の保有する自動車のうち、課等の使用に供するためのものをいう。

(昭五一規則二・昭五三規則四六・平一二規則二三・平一六規則二四・平二五規則一〇五・平二七規則六九・一部改正)

(自動車の使用承認)

第三条 自動車を保有する課等(以下「保有課等」という。)の職員は、当該保有課等の自動車(集中管理車両及び共用車を除く。次項において同じ。)を使用しようとするときは、自動車使用伺兼使用報告書(第一号様式)により、当該保有課等の長の承認を受けなければならない。この場合において、安全運転管理者の選任されている保有課等にあつては、自動車を運転する職員(以下「運転者」という。)は、安全運転管理者の承認を得なければならない。

2 課等の職員は、当該課等以外の課等が保有する自動車を使用しようとするときは、自動車使用伺兼使用報告書により、当該自動車に係る保有課等の長の承認を受けなければならない。

3 課等の職員は、集中管理車両を使用しようとするときは、公用車及び庁内会議室予約・管理システム(電子計算機を利用して配車手続及び会議室の使用の予約を行うためのシステムをいう。以下同じ。)により、管財課長の承認を受けなければならない。

4 課等の職員は、共用車を使用しようとするときは、公用車及び庁内会議室予約・管理システムにより使用の承認を受けなければならない。この場合において、管財課長の承認をもつて当該共用車に係る保有課等の長の承認とみなす。

(平九規則三八・平一二規則二三・平二五規則一〇五・一部改正)

(自動車の効率的使用)

第四条 保有課等の長は、当該自動車を、自動車を保有しない課等の使用につとめて供しなければならない。ただし、特定の用途に供する自動車については、この限りでない。

(自動車の使用責任者)

第五条 課等の長は、あらかじめ又は自動車の使用に際し、その使用責任者を定めなければならない。

(運転者等の遵守事項)

第六条 運転者は、交通事故の防止を図るため交通の安全と円滑を目的としている諸法規を遵守し、安全運転を行なわなければならない。

2 同乗の職員は、運転者に対し、前項の規定に反するような運転を要求してはならない。

(過労運転等の禁止)

第七条 課等の長は、運転者が過労、病気、その他の理由により正常な運転ができないと認められるときは、自動車を運転させてはならない。

(自動車の使用制限の通知)

第七条の二 道路交通法第七十五条第二項の規定に基づき自動車の使用制限をされたときは、当該自動車を保有する課等の長は、速やかにその旨を自動車使用制限通知書(第二号様式)により、管財課長に通知するものとする。

(昭五三規則四六・追加、平一二規則二三・一部改正)

(自動車の保管)

第八条 運転者は、自動車を使用後所定の保管場所に置かなければならない。ただし、職務のためやむを得ず保管場所に置くことができないときは、運転者は、当該自動車の保有課等の長の同意を得て保管場所外に置くことができる。

(昭五三規則四六・平二五規則一〇五・一部改正)

(自動車の整備)

第九条 保有課等の長、安全運転管理者等及び整備管理者は、常に当該自動車を良好な状態に置くよう整備しなければならない。

(昭五一規則二・昭五三規則四六・一部改正)

(自動車の使用後の報告)

第十条 自動車の使用責任者は、当該自動車の使用後その使用状況を自動車使用伺兼使用報告書により、当該保有課等の長に報告しなければならない。

(昭五三規則四六・平九規則三八・一部改正)

(自動車台帳)

第十一条 課等の長は、自動車を保有することとなつたときは、速やかに道路運送車両法施行規則(昭和二十六年運輸省令第七十四号)別表第一に定める自動車の種別ごとに区分して自動車台帳(第三号様式)を作成し、当該台帳を管財課長に送付しなければならない。

2 保有課等の長は、保管転換、廃車、売却若しくは譲与等により自動車を保有しなくなつたとき、又は自動車台帳の記載事項に変更を生じたときは、速やかに自動車台帳記載事項異動報告書(第四号様式)により管財課長に報告しなければならない。

(昭五三規則四六・平九規則三八・平一二規則二三・一部改正)

(安全運転管理者等)

第十二条 安全運転管理者等の選任又は解任は、保有課等の長が行うものとする。

2 保有課等の長は、安全運転管理者等を選任し、又は解任したときは、速やかにその旨を安全運転管理者(副安全運転管理者)選任(解任)通知書(第五号様式)により管財課長に通知するものとする。

(昭五一規則二・追加、昭五三規則四六・平九規則三八・平一二規則二三・一部改正)

(整備管理者)

第十三条 整備管理者の選任又は変更は、保有課等の長が行うものとする。

2 保有課等の長は、整備管理者を選任し、又は変更したときは、速やかにその旨を整備管理者選任(変更)通知書(第六号様式)により管財課長に通知するものとする。

(昭五一規則二・追加、昭五三規則四六・平九規則三八・平一二規則二三・一部改正)

(自動車の管理及び使用状況の報告)

第十四条 保有課等の長は、自動車の管理及び使用状況を毎年三月三十一日現在においてとりまとめ、自動車管理及び使用状況報告書(第七号様式)により四月三十日までに管財課長に報告するものとする。

(昭五一規則二・追加、昭五三規則四六・平九規則三八・平一二規則二三・一部改正)

(事故報告)

第十五条 自動車の損壊又は自動車による人の死傷若しくは物の損壊(以下本条において「自動車事故」という。)があつたときは、当該自動車の使用責任者、運転者その他の同乗の職員は、直ちに当該自動車の保有課等の長に、当該自動車事故が発生した日時及び場所、当該自動車事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度並びに当該自動車事故について講じた処置を報告しなければならない。この場合において、当該自動車を他の保有課等から借り受けているときは、あわせて当該職員の所属している課等の長に報告しなければならない。

(昭五一規則二・旧第十二条繰下)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際現に自動車を保有している課等の長は、当該自動車に係る自動車台帳を作成し、昭和四十三年六月一日までに管財課長に送付しなければならない。ただし、すでに自動車台帳を作成してあるものについては、この限りでない。

(平9規則38・全改)

(昭53規則46・追加、平6規則40・一部改正、平12規則23・旧第3号様式繰上)

(昭51規則2・全改、昭53規則46・旧第4号様式繰下、平6規則40・一部改正、平9規則38・旧第5号様式繰上、平12規則23・旧第4号様式繰上)

(昭51規則2・全改、昭53規則46・旧第5号様式繰下、平3規則21・平6規則40・一部改正、平9規則38・旧第6号様式繰上、平12規則23・旧第5号様式繰上)

(昭51規則2・追加、昭53規則46・旧第6号様式繰下・一部改正、平6規則40・一部改正、平9規則38・旧第7号様式繰上、平12規則23・旧第6号様式繰上)

(昭51規則2・追加、昭53規則46・旧第7号様式繰下、平6規則40・一部改正、平9規則38・旧第8号様式繰上、平12規則23・旧第7号様式繰上)

(平6規則40・全改、平9規則38・旧第9号様式繰上、平12規則23・旧第8号様式繰上)

附 則(昭和五一年規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五三年規則第四六号)

この規則は、十二月一日から施行する。

附 則(平成三年規則第二一号)

(施行期日)

1 この規則は、平成三年十月一日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際改正前の規則の規定により交付されている許可証、証明書等で現に効力を有するものは、改正後の規則の規定により交付されたものとみなす。

3 この規則の施行の際改正前の規則の規定により現に提出されている申請書、届出書等は、改正後の規則の規定により提出されたものとみなす。

4 この規則の施行の際改正前の規則の規定による用紙で現に残存するものは、改正後の規則の規定にかかわらず、平成四年三月三十一日までの間なお使用することができる。

附 則(平成六年規則第四〇号)

(施行期日)

1 この規則は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成九年規則第三八号)

この規則は、平成九年四月一日から施行する。

附 則(平成一二年規則第二三号)

この規則は、平成十二年十月一日から施行する。

附 則(平成一六年規則第二四号)

この規則は、平成十七年一月一日から施行する。

附 則(平成二五年規則第一〇五号)

この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二七年規則第六九号)

この規則は、平成二十七年四月一日から施行する。

自動車の管理及び使用に関する規則

昭和43年5月1日 規則第12号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第4編 財  務/第8章 財  産/第1節 通  則
沿革情報
昭和43年5月1日 規則第12号
昭和51年4月1日 規則第2号
昭和53年11月17日 規則第46号
平成3年9月30日 規則第21号
平成6年3月29日 規則第40号
平成9年3月4日 規則第38号
平成12年9月29日 規則第23号
平成16年12月24日 規則第24号
平成25年3月29日 規則第105号
平成27年3月31日 規則第69号