○近畿宝くじ事務協議会規約

昭和三十年十月七日

奈良県告示第五百十号

地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の六の規定により、近畿宝くじ事務協議会に加入し、その規約を次のように定める。

近畿宝くじ事務協議会規約

(協議会の目的)

第一条 この協議会(以下「協議会」という。)は、地方財政の資金の調達を図るため、当せん金付証票の発売に関する事務を共同して管理し及び執行することを目的とする。

(協議会の名称)

第二条 協議会は、近畿宝くじ事務協議会という。

(協議会を設ける地方公共団体)

第三条 協議会は、京都府、京都市、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、滋賀県、奈良県及び和歌山県(以下「関係地方公共団体」という。)が、これを設ける。

(協議会が担任する事務)

第四条 協議会は、関係地方公共団体が、当せん金付証票法(昭和二十三年法律第百四十四号)の規定に基いて発売する当せん金付証票のうち、共同して発売するものに関する事務を管理し及び執行する。

(協議会の事務所)

第五条 協議会の事務所は、会長の属する地方公共団体(第十条の場合にあつては、同条に規定する委員の属する地方公共団体。以下同じ。)の事務所内に置く。

(組織)

第六条 協議会は、会長、委員十人及び監事二人をもつてこれを組織する。

(会長)

第七条 会長は、関係地方公共団体の長がその協議により、関係地方公共団体の長の中から選任する。

2 会長の任期は、二年とする。

3 会長は、非常勤とする。

(委員)

第八条 委員は、関係地方公共団体の長がその協議により、関係地方公共団体の職員の中から各一人を選任する。

2 委員の任期は、二年とする。但し、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、非常勤とする。

(監事)

第九条 監事は、関係地方公共団体の長が、その協議により、関係地方公共団体の職員のうちから選任する。ただし、委員は、監事を兼ねることはできない。

2 監事は、協議会の会計を監査する。

3 監事の任期は二年とする。ただし、補欠監事の任期は、前任者の残任期間とする。

4 監事は、非常勤とする。

(会長の職務代理)

第十条 会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、会長が予め指定した委員が会長の職務を代理する。

(職員)

第十一条 協議会の担任する事務に従事する職員(以下「職員」という。)は、九人以内において、関係地方公共団体の長がその協議会により、関係地方公共団体の職員の中から命ずる者をもつて充てるものとする。

(職員の職務)

第十二条 職員は、上司の命を受け、協議会の事務に従事する。

(費用弁償)

第十三条 会長、委員、監事及び職員は、その職務を行うために要する費用の弁償等を受けることができる。

2 前項の費用弁償等の額及び支給方法は、協議会規程でこれを定める。

(会議の招集、運営等)

第十四条 協議会の会議の招集、運営その他会議に必要な事項は、協議会規定の定めるところによる。

(関係地方公共団体の名においてする事務の管理及び執行)

第十五条 協議会がその担任する事務を各関係地方公共団体の名において管理し及び執行する場合においては、協議会は、会長の属する地方公共団体の当該事務に関する条例、規則等を各関係地方公共団体の当該事務に関する条例、規則等とみなして、当該事務をその定めるところにより管理し及び執行するものとする。

(経費の支弁の方法)

第十六条 協議会の事務の管理及び執行に要する費用は、各関係地方公共団体が負担する。

2 前項の規定により各関係地方公共団体が負担すべき額は、各関係地方公共団体の長が協議により決定し、これを協議会に交付しなければならない。

(予算)

第十七条 協議会の予算は、各関係地方公共団体より交付される負担金及び繰越金その他の収入をその歳入とし、協議会の事務の管理及び執行に要するすべての経費をその歳出とするものとする。

2 協議会の予算の調製、会計年度等については会長の属する地方公共団体の例によるものとし、その事務は会長がこれを行う。

(収益金の配分)

第十八条 当せん金付証票発売による収益金の配分額は、関係地方公共団体の長の協議により決定するものとする。

2 前項の配分額が決定した場合には、会長は、各関係地方公共団体ごとの収益金を当せん金付証票発売受託銀行等に通知し、受託銀行等をして各関係地方公共団体に納付せしめるものとする。

3 前項の通知は、同時に関係地方公共団体の長に対してもこれを行うものとする。

(出納及び現金の保管)

第十九条 協議会の出納は、会長が行う。

2 協議会に属する現金は、会長が銀行等にこれを預入れて保管しなければならない。

(協議会出納員)

第二十条 会長は、職員のうちから協議会出納員を命ずることができる。

2 協議会出納員は、会長の命を受けて出納その他の会計事務を掌る。

3 会長は、その事務の一部を協議会出納員に委任することができる。

(決算等)

第二十一条 会長は、毎会計年度終了後二月以内に協議会の決算を作成し、監事の監査を経て、協議会の会議の認定を受けなければならない。

2 前項の規定により決算が協議会の会議の認定を受けたときは、会長は、当該決算の写しを速かに各関係地方公共団体の長に送付しなければならない。

(その他の財務に関する事項)

第二十二条 この規約に特別の定があるものを除くほか、協議会の財務に関しては、会長の属する地方公共団体の財務に関する手続の例による。

(協議会の規定)

第二十三条 協議会は、この規約に定めるものを除く外、その会議を経て、協議会の担任する事務の管理及び執行その他協議会に関して、必要な規程を設けることができる。

附 則

この規約は、昭和三十年十一月一日から施行する。

改正文

昭和四十八年四月一日から施行する。

附 則

1 この規約は、昭和六十一年四月一日から施行する。

2 この規約による変更後の規約(以下「変更後の規約」という。)第九条第一項の規定により昭和六十二年三月三十一日までの間に監事に選任された者の任期は、変更後の規約第九条第三項の規定にかかわらず、同日までとする。

附 則

この規約は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則

この規約は、平成十八年四月一日から施行する。

近畿宝くじ事務協議会規約

昭和30年10月7日 告示第510号

(平成18年4月1日施行)