令和3年仕事始め式

(挨拶の概要)

 令和3年仕事始め式

令和3年1月4日 第1会議室

 

  年末年始は、コロナ対策を頑張っていただき感謝申し上げます。

まだまだ続いていますので、今年も力を合わせて頑張っていきたいと思います。年末、コロナ対策での県の役割を改めて思い起こしました。

 

 まず第1は、病床の確保という役目があると思います。感染がわかった方を隔離して治療をするというのは、医療行政を担っている県の最大の任務であると改めて思いました。県では、病院関係者の奮闘努力によって、感染が分かった方全員を病院、あるいは宿泊療養に隔離治療する状況が続いています。これを堅持していきたいと思います。

 

 2つ目は、コロナ感染症は、インフルエンザと少し違うところがあると言われています。インフルエンザは、人にうつして発熱させたり、発症させてからその人から他の人にうつす能力を発生させる。要は、インフルエンザは人にうつす状況になっているということを本人に知らせるウイルスですが、コロナウイルスは、本人が感染に気づかないうちに、他人にうつしてしまう2・3日前が極めて危ない。感染したことに気づかないまま人にうつす能力があるということです。これはなかなか難敵であると思います。ワクチンがないときにどうするかというのは、なかなか難しい状況ですが、県では感染のパターンというのがある程度、結果を調べると分かります。感染類型を具体的に、詳細に調査をして、このようなケースになるとうつりやすいということを申し上げるしか手がなかったように思います。感染類型を具体的に、明快に調査、発見して、それをお伝えするということが大きな防御策であり、唯一の防御策でした。

 

 3つ目の県の役割は、病床の確保状況、感染の類型を、できるだけ具体的に明確にして、県民の皆さまにお伝えする役目だと思います。エビデンスでこのようなウイルスですよ、このように活動してますよ、しかしこの受け皿はこのようにしてますよということを、県民の皆さまにお伝えするのが、大きな3つ目の役目だと思っています。そのような資料になってきています。ただ、決め手という訳にはいかず、心配は続きますので、医療従事者の方に第1の役目であります病床の確保と受け入れを奈良県の場合、頑張っていただいてますので改めて感謝を申し上げます。

 

 コロナ以外については、新都づくりの構想をまとめて、来年度予算に反映する作業が、現在の仕事だと思っています。様々な事を皆さんに知恵を絞っていただいたおかげで、芽が出てきたり、実がつきそうになっている木も出てきています。立派な実がつくように、今年は頑張っていきたいと思うものがあります。立派な実になるように願って、今年も仕事を続けたいと思います。年末色々考えました所感を、年頭の辞で申し上げたところですが、今年も力を合わせて頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。