【レポート】県立民俗博物館「梅まつり」と古民家の見学会などが開催されました

県立民俗博物館が約1年ぶりに再開館

【ナラプラス現地リポート】(令和3年3月)

大和郡山市矢田町の「大和民俗公園」の梅の見頃にあわせ、春らしい多彩なワークショップとパフォーマンスを楽しめる「梅まつり」が開催されました。
さらに、園内の古民家・旧臼井家住宅を会場とした「古民家でひなまつり」や、吉野地方の建築様式を伝える古民家「旧前坊家住宅」の見学会も開かれるなど、見どころ満載の週末となりました。

ナラプラス現地リポート
奈良の風俗や風習などを学べる「奈良県立民俗博物館」。約1年間の耐震改修工事を終え、2021年3月から再開館しました。


ナラプラス現地リポート

同館では、大和に暮らす人々が風土の中で育み、改良工夫をかさねながら維持してきた生活用具など、貴重な民具の数々を収集・保存し、展示公開しています。再開館にあたり、常設展示のレイアウトが一新され、以前よりもすっきりと見やすくなりました。



ナラプラス現地リポート

近代の家庭で使われていた道具を展示したコーナーなどもあります。身近な道具であっても、いつの間にか見かけなくなるものも少なくありません。懐かしがったり珍しがったりして、大人もこどもも楽しめるでしょう。



古民家に雛飾り。紙芝居などのイベントも

ナラプラス現地リポート

大和民俗公園の梅林には、約150本の梅が植えられており、この日はまさに満開でした。たくさんの人が美しい色と香りを楽しみながら散策していました。



ナラプラス現地リポート
3月6日(土曜日)・7日(日曜日)の両日は、園内の古民家などを会場として、「梅まつり」が開催され、さまざまなイベントが行われました。会場の一つとなった、江戸時代の町屋・旧臼井家住宅(重要文化財)は、たくさんの人で賑わいました。

ナラプラス現地リポート
旧臼井家住宅では、紙芝居工房遖(あっぱれ)さんによる「レトロ紙芝居」が行われました。テンポの良いおしゃべりの間にクイズが出題され、こどもたちは夢中になって参加していました。

ナラプラス現地リポート
お隣の部屋は、恒例の「古民家でひなまつり」の会場となっており、8段の雛人形が飾られました。古民家ならではの風情が感じられ、雛飾りとともに写真を撮る家族連れの姿が見られました。

ナラプラス現地リポート

土間のかまどにも火が入りました。ここで沸かしたお湯は、外で営業していた「洋食屋さんのかまどカフェ」で使用され、美味しいコーヒーなどがいただけました。



こども和太鼓教室やグライダー作りも人気!

ナラプラス現地リポート

この他にも、園内各所でさまざまなイベントが催されました。
「こども和太鼓教室」では、こどもたちがリズムに合わせて元気いっぱいに和太鼓を叩きました。教室の合間には南京玉すだれの公演なども行われ、にぎやかな歓声があがりました。

ナラプラス現地リポート

「遊んで飾れる木工のグライダー作り」も人気でした。金槌で釘を打ち込んでいく本格的なもので、飾って眺めるだけではなく、ゴムを使って飛ばすこともできます。慣れない作業に戸惑っていたこどもたちも、すぐに上達して楽しそうに作業を進めていきました。

ナラプラス現地リポート

こちらは「雪うさぎと梅の石けん作り」の様子です。丸い体にパーツや目をつけて、雪うさぎ型の石鹸を完成させます。梅の形の石鹸作りも行われ、使うのがもったいないくらいの可愛らしい作品が完成していきました。

貴重な「吉野建」古民家の見学会も

ナラプラス現地リポート

園内の「旧前坊家住宅(きゅうまえぼうけじゅうたく)」(奈良県指定文化財)では、杉皮葺き屋根の葺き替え工事修理現場の見学会も開催されました。
吉野地方から移築された江戸時代の建物で、傾斜地に建つため、1階の玄関から家の奥へと進むと、いつの間にか2階を歩いている……という不思議な体験ができます。こういった建築は「吉野建(よしのだて)」と呼ばれているそうです。

ナラプラス現地リポート

建物の主屋部分と、後から増築された離座敷部分は、渡り廊下でつながっています。

ナラプラス現地リポート

立派な離座敷です。旧前坊家住宅は常時公開されていますが、普段は建物内に上がることはできません。とても貴重な体験となりました。

ナラプラス現地リポート

旧前坊家住宅の向かいに建つ「旧木村家住宅」(奈良県指定文化財)も、この日は居室内まで上がることができました。かつては十津川村に建っていた家で、家の中に唐臼(からうす)や囲炉裏があります。この日は和傘の演出もあって、とても華やかでした。

ナラプラス現地リポート

大和民俗公園には15棟の江戸時代の民家が移築されています。まるで昔話に紛れ込んだような気分が味わえますので、ぜひ散策してみてください。

■梅まつり(※終了しました)

●開催日:2021年3月6日(土曜日)・7日(日曜日)
●時間: 10時00分~15時00分頃
●場所:奈良県立民俗博物館、奈良県立大和民俗公園内の古民家
●事前申込制・有料のプログラム
・雪うさぎと梅の石けん作り
・遊んで飾れる木工のグライダー作り
・はちみつ屋さんのはちみつ入り蜜ろうハンドクリーム作り
・子ども和太鼓教室
●申込不要・無料のプログラム
・南京玉すだれ・和太鼓などの公演
・旧前坊家住宅見学会
・レトロ紙芝居&クイズ
・梅のスタンプラリー など
※詳しくはこちらをご覧ください。



■古民家でひなまつり(※終了しました)

●会期:2021年2月13日(土曜日)~3月7日(日曜日)
●開園時間:9時00分~16時00分
●休園日:月曜日
●会場:旧臼井家住宅(奈良県立大和民俗公園内)
●観覧料:無料
※詳しくはこちらをご覧ください。



(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 中路・林野
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100