【レポート】奈良発のロングセラー商品を!「TEIBAN展」が開催されました

作り手も使い手も愛着を感じるモノづくりを

【ナラプラス現地リポート】(令和3年5月)

広陵町と河合町に広がる「県営馬見丘陵公園」で、第8回目となる『馬見チューリップフェア』が開催されました(2021年4月3日~11日)。
ロングセラーとなるモノづくりを目指し、奈良県と県内事業者は「奈良ブランド開発支援事業」に官民協働で取り組んでいます。
下請けが中心だった県内の中小企業が集まり、「ヒット商品を目指すのではなく、作り手と使い手の双方が愛着を感じるロングセラーを目指すモノづくり」というテーマを共有し、切磋琢磨しながらブランディング力を高めることを目標としています。
勉強会と展示会を中心とした活動はすでに13年も継続しており、その事業価値の高さと、官民協働での希少な取り組みであることが認められ、「奈良ブランド開発支援事業」は2012、2013、2014、2018年度の過去4回グッドデザイン賞を受賞しています。
その一環として平成21年度より実施されているのが、展示会「TEIBAN展」です。それぞれの作り手が来場者の生の声を聞き、そこで得られた評価から課題を見いだして、モノづくりへとつなげていく場となります。
東京での展示会は高く評価され、2018年4月から松屋銀座に常設店舗「N・A・R・A T・E・I・B・A・N」を展開するなど、大きな成果をあげています。
地元・奈良でその活動をお披露目する機会となった今回の「TEIBAN展」は、「奈良の動詞のデザイン展」として、<個の想い×デザイン×切磋琢磨=豊かな社会>がテーマでした。奈良のロングセラーを目指すモノづくりの進化がしっかりと伝わってきました。

ナラプラス現地リポート

奈良公園バスターミナルで開催された「T・E・I・B・A・N Japan classico 奈良の動詞のデザイン展」。18の事業者の商品が展示されました(一部商品は販売も有)。
TEIBAN展は、「意志を持った空間を作り、作り手の想いを届けることにより、来場者に、事業者と商品とこの取組み自体のファンになってもらうことでロングセラーを目指す」というコンセプトのため、会場全体がすっきりと洗練され、高級感あふれる雰囲気です。

ナラプラス現地リポート

端正な空間が来場者の目を引きます。事業者ごとに工夫をこらしたブースを展開し、商品への期待を高めています。

ナラプラス現地リポート

こちらは「Yaquo Warms Labo」のブース。薬湯やハーブ酒などを、統一感のあるパッケージと什器(じゅうき)で展開しました。

ナラプラス現地リポート

天然ミントのジェルと湿布などを展開する「Mint Therapeutics」では、シンプルな白い金属製の什器を使用。美しくブランディングしています。

ナラプラス現地リポート

1階部分では、町家を現代風にリノベーションして宿泊施設として営業している「紀寺の家」の展示なども行われました。

奈良発!洗練されたロングライフデザインたち

ナラプラス現地リポート

事業者の方々にお話を伺うと、毎月開催している勉強会ではメンバー同士で忌憚のない意見を出し合い、それがプレッシャーにも推進力にもなっているのだとか。互いがライバルであり最大の仲間でもあり、日々大きな刺激を受けているのだそうです。
そうして積み重ねた成果を披露する場となる「TEIBAN展」では、来場したお客様からの率直な反応が得られ、さらにモノづくりにフィードバックしていくという好循環へと繋がっているといいます。

会場には、それぞれの事業者が切磋琢磨して磨き上げ、商品価値を高めた品々が並びました。その一部をご紹介します。

ナラプラス現地リポート

・naice 中田真太郎/椅子のふるまい

ナラプラス現地リポート

・イクラデザイン/やすらぎ空間

ナラプラス現地リポート

・Hachi-Wari/2割は自分で完成させる紙文具

ナラプラス現地リポート

・垣本鉄工所/柔らかな鉄の空間

ナラプラス現地リポート

・高畑めがね工房/丸眼鏡

ナラプラス現地リポート

・聖山/折敷と木箱

ナラプラス現地リポート

・Mafu a Mano/麻のある空間

ナラプラス現地リポート

・TSUJIMURA/葛の御菓子

ナラプラス現地リポート


ナラプラス現地リポート

・COTOYUI/ニットウエアの可能性
・Caqueco/足から生活のリズムを
・Biblioteca/定番ジャケット
・Aruki-tsudukeru/Activewear&fitness clothing

ナラプラス現地リポート

・NUUMAN/Tote chic

ナラプラス現地リポート

・クロスライン/kakishibu

ナラプラス現地リポート

・4Nov/ハンドメイドの貝ボタン

■T・E・I・B・A・N Japan classico 奈良の動詞のデザイン展(※終了しました)

●開催日:2021年4月23日(金曜日)~4月25日(日曜日)
●時間:11時~19時(※最終日は 17時00分 閉場)
●場所:奈良公園バスターミナル東棟(レクチャーホール、ホワイエ、情報広場)




(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 中路・林野
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100