新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方へ

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

 

1.新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された方への大切なご案内記載箇所へジャンプPDFファイルで見る


 療養期間中の健康観察について、また、陽性者の療養期間や、濃厚接触者の健康観察期間の基準などについて掲載しています。

 

2.新型コロナウイルス感染症 陽性判定から療養終了までの流れ記載箇所へジャンプPDFファイルで見る

 

3.新型コロナウイルス感染症の後遺症(罹患後症状)について記載箇所へジャンプ

 

4.自己検査や薬局等無料検査で陽性となった方へ記載箇所へジャンプ



 

 

 

 令和4年9月26日より、新型コロナウイルス感染症の発生届の届出対象が、「(1)65歳以上」「(2)入院を要する方」「(3)重症化リスク(※)があり、かつ新型コロナ治療薬または酸素治療が必要な方」「(4)妊婦」に限定されました。ただし、奈良県では届出対象とならない方についても、医療機関の協力により、保健所に陽性者の氏名・居住地等の情報を提供いただくこととしています。

 これにより、保健所から健康状態や療養支援についての電話をさせていただきます。

 お問い合わせの多い療養期間の終了の判断につきましては、下記を参考にしてください。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

※【重症化リスクが高い方とは・・・】

65歳以上の方、悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植、免疫抑制剤・抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下、喫煙歴 等のある方です。

 

令和4年9月26日以降の受診・相談の流れ

 

 

 

発生届の対象となる方(医療機関受診後、医師から保健所へ発生届が提出される方)

1.65歳以上の方

2.入院を要する方

3.重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方

 重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方

4.妊婦

 

○ 届出情報に基づき、県よりパルスオキシメーター(血中酸素飽和度を測定する機器)

  リーフレットをお送りします。

○ 居住地を管轄する保健所より健康状態等の確認のため、電話連絡します。

  (感染状況によって連絡まで時間がかかる場合があります)

療養期間終了まで自宅・病院・宿泊療養施設のいずれかでの療養となります。

(病状等により総合的に判断し療養先を県で調整します。ご希望をお伺いすることはできません)

 

 

発生届の対象とならない方(医療機関受診後、医師から保健所へ発生届が提出されない方)

 

上記の1.~4.に該当しない、奈良県内在住の方

 

・医師から保健所へ情報提供があった場合には、居住地を管轄する保健所より、健康状態や療養支援について電話連絡をします。 

・県よりパルスオキシメーター(血中酸素飽和度を測定する機器)とリーフレットをお送りします。 

・療養期間終了までご自身で健康観察を行ってください(※療養期間については下記を参考にしてください)

療養証明書の発行はできません(保険金等の請求はご契約の各保険会社へお問い合わせ下さい)

 

県外在住の方は、奈良県の保健所から電話連絡等はありません。

 お住まいの自治体にお問い合わせください。

奈良県外の医療機関を受診された県内在住(届出対象外の方)で、パルスオキシメーター等の送付を希望する方は、看護師等が対応する陽性者ご本人からの専用相談窓口(24時間 TEL:0742-85-1933)にご連絡ください。(奈良市除く)

 また、自宅療養中に体調が悪化した場合は、まずは診断を受けた医療機関やかかりつけ医にご相談ください。医療機関と連絡がつかない場合は、看護師等が対応する陽性者ご本人からの専用相談窓口(24時間 TEL:0742-85-1933)にご連絡ください。(奈良市除く)

 

 

市販の検査キットを用いた自己検査、薬局等での無料検査で陽性となった方

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

 

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第44条の3 第2項の規定により、新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため、外出の自粛をお願いいたします。

 外出の自粛をお願いする期間は、新型コロナウイルス感染症陽性と診断された日から、療養期間が終了するまでの期間です。なお、有症状の場合で症状軽快から24 時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。

 

2.療養期間中の健康観察について 

 

 毎日の健康観察を行い、緊急性の高い症状があればご連絡ください

 

奈良県(奈良市除く)は陽性となった方のご自宅に「パルスオキシメーター」を送付しています。

パルスオキシメーターとは、血液中の酸素飽和度(肺が酸素を取り込むちからの目安)をはかるための機械です。
毎朝定期的に使用して、健康状態を確認する際にお役立てください。
入所・入院のご案内と並行して送付しているため、入所・入院された後に行き違いでご自宅に届く場合もあります。
陽性と診断した病院からの届け出のタイミング等により、ご家族に複数台届く場合もあります。
呼吸器症状がなくても、症状が急に悪化する場合もありますので、症状の有無にかかわらず毎日測定してください。

 

なお、パルスオキシメーターは貸出としております。

返却頂いた後は順番に次の方に使用いただく予定ですので、多くの方に迅速に貸し出しできるよう、健康観察期間が終了して4日が経過した方は、必ず返却してください。

 

以下の緊急性の高い症状にあてはまったり、パルスオキシメーターの測定値が93%以下の場合はご相談ください。

 図表
 図表

 

このような症状がある場合、診療を受けられた医療機関か、後日送付する「新型コロナ自宅療養者等に対する往診、電話診療を用いた診療、オンライン診療システムを用いた診療にかかる医療機関リスト」に記載されている医療機関にご相談ください。

医療機関と連絡がつかない場合は、看護師等が対応する陽性者ご本人からの専用相談窓口(24時間)にご連絡ください。

 (TEL:0742-85-1933 FAX:0742-33-3717)(奈良市除く)

 

県外在住の方は、奈良県からパルスオキシメーター等の送付はありません
  住まいの自治体にお問い合わせください。

奈良県外の医療機関を受診された県内在住(届出対象外の方)で、パルスオキシメーターの送付を希望する方は看護師等が対応する陽性者ご本人からの専用相談窓口(24時間 TEL:0742-85-1933)にご連絡ください。(奈良市除く)

 

3.陽性者の療養期間について 

 

 療養期間(外出自粛と健康観察をお願いする期間)の基準について

 

陽性となった方は、他者へ感染させる可能性があるため、外出自粛をお願いする期間が定められています。
陽性と分かってから、何らかの症状がある方と無症状の方とで、自宅待機の期間に違いがあります。

 

有症状(発熱や咳等がある)の場合
 症状が出始めた日の翌日を1日目として7日経過、かつ、症状軽快※してから24時間(1日)が経過していれば、検査なしで出勤・登校等が可能

 ※症状軽快:薬を使用せず、24時間、37.5℃以上の発熱がなく、咳などの呼吸器症状が改善

 

無症状の場合

 陽性が確定した検査日(検体採取日)の翌日から7日間経過していれば、検査なしで出勤登校等が可能

   

 ※陽性者の療養期間の基準です。

療養期間の基準について

抗原定性検査キットを使用し、5日目で陰性を確認した場合は6日目から待機解除が可能です。

※抗原定性検査キットは、国が承認した【体外診断用医薬品】(または【第1類医薬品】と表示)を使用してください。

 詳しくは薬局等の薬剤師にご相談ください。

有症状の場合で症状軽快から24 時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、マスク着用など自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。

 

新型コロナウイルス感染症 療養期間終了確認フォームのご案内 

  いつから出勤や登校したらいいのかわからないという方は、下記フォームに質問の答えを入力することで、現在療養期間が終了しているかどうかをご確認いただけます。

新型コロナウイルス感染症療養期間終了確認フォーム

 

生命保険会社等の手続きに必要な療養証明書を希望される方へ (発生届出対象者のみ)

療養期間が終了し、療養証明書をご希望の方は、「生命保険会社等の手続きに必要な療養証明書の発行をご希望の方へ」(pdf 1268KB)をご覧ください。

厚生労働省通知により、職場等の復帰のために証明書を提出する必要はないとされており、県においてもそのための証明書は
発行いたしません。

令和4年2月9日付け厚生労働省通知に基づき、現在、就業制限の通知及び、解除の通知は発行しておりません。

電子申請による発行申請も受け付けています。(療養証明書はデータ(PDFファイル)で発行されます。ご自身で印刷してご使用ください。)

 

令和4年9月26日以降に陽性となった場合、発生届の対象とならない方は療養証明書が発行できませんのでご注意くだい。

 [療養証明書を発行できる方]※医師が保健所へ発生届を出される方

1.65歳以上の方
2.入院を要する方
3.重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方
   重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方
4.妊婦

 

 [療養証明書を発行できない方]

・医療機関を受診したが上記1~4に該当しない方
・自ら購入した検査キットや、薬局等で行われている無料検査で陽性となった方

 

 

 療養証明書電子申請フォーム

 

My HER-SYS において、新型コロナウイルス感染症の診断年月日を表示・証明する機能が搭載されたため、宿泊療養又は自宅療養の期間が10日以内であれば、宿泊療養又は自宅療養の開始日の証明としてMy HER-SYS の画面を活用することができます。詳細は「My HER-SYSで療養証明書を表示する場合の方法」(厚生労働省公表資料)をご参照ください。

※ただし、My HER-SYS のIDを付与されている人に限ります。

生命保険協会及び日本損害保険協会では、宿泊療養又は自宅療養の期間が厚生労働省の療養解除基準に準じた期間の範囲内であれば、宿泊療養又は自宅療養の開始日に基づき支払いを行い、宿泊療養又は自宅療養の終了日の証明は求めないような取り扱いを行っております。このため、宿泊療養又は自宅療養の期間が7日以内である場合には、令和4年6月6日以降に保健所が受理した申請については「療養終了日」の記載を省略しております。

 

証明する療養期間について

 証明する療養期間の開始日は、医師の診断日となります発症日(発熱、咳等の症状が顕れた日)や検査キット等で陽性が判明した日ではありません。療養期間の終了日は、有症状の方は発症日から7日目、無症状の方は検査日から7日目で、保健所が判断しお伝えした日です。管轄保健所が判断した日を超えて、自主的に療養された期間については証明できません。

  療養解除

 

新型コロナウイルス感染症に関する各種ご案内 

陽性者と接触のあった方へ

入院・入所待機中、自宅療養中の方へ

発熱外来認定医療機関一覧

 

 

4.濃厚接触者の健康観察期間について 

 

 健康観察期間(外出自粛と健康観察をお願いする期間)の基準について

 

家族等、同居者は基本的に濃厚接触者に該当します。健康観察と外出の自粛をお願いします

家庭内では可能な限り隔離をし、お互いにマスクを装着するなどの感染対策※を行ってください。

濃厚接触者の方の健康観察期間の基準は下記の通りです。健康観察期間中に症状の出現がなければ、検査なしで、出勤や登校いただけます。

※ 感染対策:マスク着用、換気、手洗い、手指消毒、家族で過ごす場所と時間の分離、手が触れる共有部分の消毒、ゴミは密閉して捨てる、衣類は洗濯・食器は洗浄しその後の手洗い消毒の実施等。

 

※同居の方の健康観察期間(待機期間)の基準です。

 

同居の方の自宅待機期間の基準

同居の方の自宅待機期間の基準

抗原定性検査キットを使用し、2日目及び3日目で陰性を確認した場合は3日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)

  ※抗原定性検査キットは、国が承認した【体外診断用医薬品】(または【第1類医薬品】と表示)を使用してください。

   詳しくは薬局等の薬剤師にご相談ください。

なお、健康観察は7日間お願いします。また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください。

 

 

陽性者と同居の家族等以外の濃厚接触者について 

 濃厚接触者かどうかの判断は、下記を参考にしてください。

 

 濃厚接触者とは・・・陽性者と発症の2日前(無症状の方は検査日の2日前)から現在までに接触のあった方で、以下のいずれかに該当する方

お互いに、マスク等の必要な感染予防策なしで、手の触れることのできる距離(目安は1m)で、15分以上の会話等の接触のあった方

長時間の接触(車内等を含む)があった方

適切な感染防護(マスク等)なしに陽性者を診察、看護もしくは介護していた方

 

濃厚接触者の方の健康観察期間の基準は下記の通りです。健康観察期間中に症状の出現がなければ、検査なしで、出勤や登校いただけます。

 

※濃厚接触者の健康観察期間(待機期間)の基準です。

 

濃厚接触者の自宅待機期間の基準

 濃厚接触者の自宅待機期間の基準 

抗原定性検査キットを使用し、2日目及び3日目で陰性を確認した場合は3日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)

※抗原定性検査キットは、国が承認した【体外診断用医薬品】(または【第1類医薬品】と表示)を使用してください。

    詳しくは薬局等の薬剤師にご相談ください。

なお、健康観察は7日間お願いします。また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください。


図表

〇注意事項について

職場や学校に所属している方は、職場や学校に濃厚接触者であることの報告をお願いいたします。

すでに症状がある場合は、かかりつけ医または発熱外来認定医療機関に「濃厚接触者であり、症状がある」とご相談の上、速やかに受診してください。

濃厚接触者と接触があった方については、濃厚接触者の方が陽性になった場合には、改めて該当するかどうかを判断することになりますが、それまでは特に行動に制限はありません。

 

新型コロナウイルス感染症の後遺症(罹患後症状)とは

罹患後症状(いわゆる後遺症)とは、新型コロナウイルスに罹患した人にみられ、少なくとも2ヶ月以上持続し、また他疾患による症状として説明がつかないもの(通常はCOVID-19の発症から3ヶ月経った時点にもみられる)と世界保健機関(WHO)において定義されています。

 

新型コロナウイルス感染症にかかった後に、治療や療養が終わっても、一部の症状が長引く人がいることが分かってきており、代表的な罹患後症状は、疲労感・倦怠感、関節痛、筋肉痛、咳、喀痰、息切れ、胸痛、脱毛、記憶障害、集中力低下、不眠、頭痛、抑うつ、嗅覚障害、味覚障害 、動悸、下痢、腹痛、睡眠障害、筋力低下が報告されています。
このような症状が続いている場合には、まずは、かかりつけ医等の地域の医療機関にご相談下さい。

 

COVID-19とCOVID-19罹患後症状については、まだ分からないところが沢山あり、国において研究が進められています。

 

●新型コロナウイルス感染症の罹患後症状に関するリーフレット|厚生労働省(mhlw.go.jp)

罹患後症状リーフレット(pdf 253KB)

 

●後遺症に関する診療の手引きはこちら(厚生労働省作成)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き別冊罹患後症状のマネジメント

 

Science in 5(5分でわかるサイエンス):新型コロナウイルス感染症の後遺症 - YouTube(外部サイトへリンク)

 

参考

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省(mhlw.go.jp)

 

Q&A(COVID-19):罹患後症状 | WHO健康開発総合研究センター

 

●「第39回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード資料(2021/6/16)」

 

●「第86回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード資料(2022/6/1)」

 

自己検査や薬局等無料検査で陽性となった方へ 


 自ら購入した検査キットや、薬局等で行われている無料検査事業で陽性となった方で、パルスオキシメーターの貸与や陽性者向けリーフレット送付等の支援をご希望される方は、下記の陽性者登録フォームより申請してください。

 

[対象者]次の1~5すべてに該当する方

1.奈良県在住者

2.65歳未満の方

3.無症状または軽症の方(本人が医療機関への受診を必要としないなど比較的症状が軽い方)

4.新型コロナウイルス感染症の症状が出た日(発症日)から7日が経過していない方

5.以下の基礎疾患等がない方

・悪性腫瘍

・慢性呼吸器疾患(COPD等)

・慢性腎臓病

・心血管疾患

・脳血管疾患

・高血圧

・糖尿病

・脂質異常症

・肥満(BMI30以上)

・臓器の移植

・免疫抑制剤・抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下

・喫煙歴

・妊娠中(妊娠の可能性がある方を含む)


※対象とならない方は、かかりつけ医等へ事前に相談の上、早めに受診・相談をお願いします。

※県内の発熱患者等が受診できる医療機関についてはこちらをご確認ください。

※県外在住の方は、お住まいの自治体にご確認ください。

 

 

[受けられる支援]

・パルスオキシメーター、リーフレットの送付

・市町村における生活支援事業の案内         等


診察や薬の処方、療養証明書の発行は行いません

 

 

自宅療養中に体調が悪化した場合は、

1)まずはかかりつけ医に相談

2)看護師等が対応する陽性者ご本人からの専用相談窓口(24時間 TEL:0742-85-1933)にご連絡ください。(奈良市除く)

 

 

[陽性者登録フォーム]

奈良県(奈良市以外)にお住まいの方は こちら

※奈良にお住まいの方は こちら のページ(新型コロナ「陽性」と診断された方へ)をご確認ください