新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方へ

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準
緊急版
現在は、緊急版の専用トップページが表示されております。
通常のトップページを表示させたい場合は、「通常版を表示」ボタンをクリックしてください。

 

1.新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された方への大切なご案内記載箇所へジャンプPDFファイルで見る

 療養期間中の健康観察について、また、陽性者の療養期間や、濃厚接触者の健康観察期間の基準などについて掲載しています。

 

2. 新型コロナウイルス感染症 陽性判定から療養終了までの流れ記載箇所へジャンプPDFファイルで見る



 

 

 

 現在奈良県では新型コロナウイルス感染者数の急拡大により、重症化リスクが高い方※を最優先して対応させていただいております。また、保健所への電話も大変つながりにくい場合がありますことをお詫びいたします。

 お問い合わせの多い療養終了までの流れと、療養期間の終了の判断につきましては、下記を参考にしてください。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

※【重症化リスクが高い方とは・・・】

70歳以上の方、悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、高血圧、糖尿病、脂質異常症、妊娠、免疫不全、肥満(BMI30以上) 等のある方です。

 

 

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第44条の3 第2項の規定により、新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため、外出の自粛をお願いいたします。

 外出の自粛をお願いする期間は、新型コロナウイルス感染症陽性と診断された日から、療養期間が終了するまでの期間です。  

 

2.療養期間中の健康観察について 

 

 毎日の健康観察を行い、緊急性の高い症状があればご連絡ください

 

○奈良県は陽性となった方のご自宅に「パルスオキシメーター」を送付しています。

・パルスオキシメーターとは、血液中の酸素飽和度(肺が酸素を取り込むちからの目安)をはかるための機械です。
・毎朝定期的に使用して、健康状態を確認する際にお役立てください。
・入所・入院のご案内と並行して送付しているため、入所・入院された後に行き違いでご自宅に届く場合もあります。
・陽性と診断した病院からの届け出のタイミング等により、ご家族に複数台届く場合もあります。
・呼吸器症状がなくても、症状が急に悪化する場合もありますので、症状の有無にかかわらず毎日測定してください。

 

○以下の緊急性の高い症状にあてはまったり、パルスオキシメーターの測定値が93%以下の場合はご相談ください。

 図表
 図表

 

このような症状がある場合、かかりつけ医か、発熱外来認定医療機関にご相談ください

病院と連絡がつかないは、看護師が対応する専用の相談窓口(24時間) TEL:0742-85-1933 FAX:0742-33-3717 にご連絡ください

 

3.陽性者の療養期間について 

 

 療養期間(外出自粛と健康観察をお願いする期間)の基準について

 

陽性となった方は、他者へ感染させる可能性があるため、外出自粛をお願いする期間が定められています。
陽性と分かってから、何らかの症状がある方と無症状の方とで、自宅待機の期間に違いがあります。

 

有症状(発熱や咳等がある)の場合
 症状が出始めた日の翌日を1日目として10日経過、かつ、症状軽快※してから72時間(3日)が経過していれば、検査なしで出勤・登校等が可能

 ※症状軽快:薬を使用せず、24時間、37.5℃以上の発熱がなく、咳などの呼吸器症状が改善

 

○無症状の場合

 陽性が確定した検査日(検体採取日)の翌日から7日間経過していれば、検査なしで出勤登校等が可能


 ※陽性者の療養期間の基準です。判断に迷う場合は保健所にご相談ください。

陽性者の療養期間の基準

 

新型コロナウイルス感染症 療養期間終了確認フォームのご案内 

  いつから出勤や登校したらいいのかわからないという方は、下記フォームに質問の答えを入力することで、現在療養期間が終了しているかどうかをご確認いただけます。

新型コロナウイルス感染症療養期間終了確認フォーム

 

生命保険会社等の手続きに必要な療養証明書を希望される方へ 

・療養期間が終了し、療養証明書をご希望の方は、「生命保険会社等の手続きに必要な療養証明書の発行をご希望の方へ」(pdf 1366KB)をご覧ください。

・厚生労働省通知により、職場等の復帰のために証明書を提出する必要はないとされており、県においてもそのための証明書は
発行いたしません。

・令和4年2月9日付け厚生労働省通知に基づき、現在、就業制限の通知及び、解除の通知は発行しておりません。

・電子申請による発行申請も受け付けています。(療養証明書はデータ(PDFファイル)で発行されます。ご自身で印刷してご使用ください。)

 療養証明書電子申請フォーム

 

・My HER-SYS において、新型コロナウイルス感染症の診断年月日を表示・証明する機能が搭載されたため、宿泊療養又は自宅療養の期間が10日以内であれば、宿泊療養又は自宅療養の開始日の証明としてMy HER-SYS の画面を活用することができます。詳細は「My HER-SYSで療養証明書を表示する場合の方法」(厚生労働省公表資料)をご参照ください。

※ただし、My HER-SYS のIDを付与されている人に限ります。

 

新型コロナウイルス感染症に関する各種ご案内 

陽性者と接触のあった方へ

入院・入所待機中、自宅療養中の方へ

発熱外来認定医療機関一覧

 

 

4.濃厚接触者の健康観察期間について 

 

 健康観察期間(外出自粛と健康観察をお願いする期間)の基準について

 

家族等、すべての同居者は濃厚接触者です。健康観察と外出の自粛をお願いします

・家庭内では可能な限り隔離をし、お互いにマスクを装着するなどの感染対策※を行ってください。

・濃厚接触者の方の健康観察期間の基準は下記の通りです。健康観察期間中に症状の出現がなければ、検査なしで、出勤や登校いただけます。

※ 感染対策:マスクの着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施など

※同居の方の健康観察期間(待機期間)の基準です。判断に迷う場合は保健所にご相談ください。

 

 

  同居の方の健康観察期間(待機期間)の基準

別添1


※他の同居家族が発症した場合、無症状の陽性者が発症した場合は、新たにその発症日が起点となります。

 

・自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、4日目及び5日目で陰性を確認した場合は5日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)
なお、この場合であっても健康観察は7日間お願いします。また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください。

 

 

○陽性者と同居の家族等以外の濃厚接触者について 

 濃厚接触者かどうかの判断は、下記を参考にしてください。

 

 濃厚接触者とは・・・陽性者と発症の2日前(無症状の方は検査日の2日前)から現在までに接触のあった方で、
以下のいずれかに該当する方

・お互いに、マスク等の必要な感染予防策なしで、手の触れることのできる距離(目安は1m)で、15分以上の会話等の接触のあった方

・長時間の接触(車内等を含む)があった方

・適切な感染防護(マスク等)なしに陽性者を診察、看護もしくは介護していた方

 

・濃厚接触者の方の健康観察期間の基準は下記の通りです。健康観察期間中に症状の出現がなければ、検査なしで、出勤や登校いただけます。

 ※濃厚接触者の健康観察期間(待機期間)の基準です。判断に迷う場合は保健所にご相談ください。

 

濃厚接触者の健康観察期間(待機期間)の基準

別添2

 

・自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、4日目及び5日目で陰性を確認した場合は5日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)
なお、この場合であっても健康観察は7日間お願いします。また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください。


図表

〇注意事項について

・職場や学校に所属している方は、職場や学校に濃厚接触者であることの報告をお願いいたします。

・すでに症状がある場合は、かかりつけ医または発熱外来認定医療機関に「濃厚接触者であり、症状がある」とご相談の上、速やかに受診してください。

・濃厚接触者と接触があった方については、濃厚接触者の方が陽性になった場合には、改めて該当するかどうかを判断することになりますが、それまでは特に行動に制限はありません。

 

 図表1

図表2

※ホームページの画面上では、途中で矢印が途切れて見えます。

 図表