【レポート】文化振興の拠点に!道の駅「なら歴史芸術文化村」がオープンしました

【レポート】文化振興の拠点に!道の駅「なら歴史芸術文化村」がオープンしました

【ナラプラス現地リポート】(令和4年3月)

天理市杣之内町にオープンした複合施設

文化振興の拠点として、奈良県が整備した複合施設「なら歴史芸術文化村」がオープンしました。
ここでは文化財4分野(仏像等彫刻、絵画・書跡等、建造物、考古遺物)の修復作業現場を通年公開するという日本初の試みのほか、国内外から招いたアーティストとの交流、子どもを対象としたアートプログラムなどが実施されます。
また「交流にぎわい棟」には、県産農産物や伝統工芸品を販売する直売所などが設けられ、宿泊施設「フェアフィールド・バイ・マリオット・奈良天理山の辺の道」も開業するなど、地域のにぎわいづくりの拠点となることが期待されています。

ナラプラス現地リポート

3月21日(月曜日・祝日)、天理市杣之内町にオープンした「なら歴史芸術文化村」。開業2日目となったこの日は朝から雨模様でしたが、たくさんの来村者で賑わいました。

4分野の文化財の修復工房が通年公開されます

ナラプラス現地リポート

中心的な施設となる「文化財修復・展示棟」では、仏像等彫刻、絵画・書跡等、歴史的建造物、考古遺物の4分野の修復工房が通年公開されます(※撮影などは不可)。作業の様子はガラス越しに見学可能で、さらに近くから解説付きで見学できるプログラム(当日受付、先着順)も参加できます。

ナラプラス現地リポート

棟内1階の様子。この日は、多坐弥志理都比古神社(通称:多神社)の本殿や、當麻寺奥院「絹本著色當麻曼荼羅図」、東南院「木造大日如来坐像」などの修理・修復の様子が見られるなど、とても貴重な体験ができました。
この他、デジタルギャラリーでは、奈良県内の文化財に関する動画アーカイブと、奈良県が所蔵する建造物の図面などのデータベースが自由に閲覧できます。

ナラプラス現地リポート

企画展示室・特別展示室では、なら歴史芸術文化村の開村記念特別展「やまのべの文化財―未来に伝えるわたしたちの至宝―」が開催中です(4月17日まで)。
歴史文化が息づく「やまのべ地域」に受け継がれてきた文化財を展示する企画で、会場の中央には長岳寺(天理市)の9幅の掛け軸からなる「大地獄図」(狩野山楽筆)が一挙展示されています。また、ご住職の解説の動画が放送されるなど、文化財を守り伝えてきた人々の想いにも迫る内容となっていました。

アートを身近に!さまざまな体験プログラムも

ナラプラス現地リポート

「芸術文化体験棟」は272席のホールも備えており、アーティスト交流、幼児向けアートプログラム、ホールを活用した音楽や伝統芸能体験プログラムなどが行われます。
写真は「体験学習室(そざいきち)」です。イタリアのレッジョ・エミリア・アプローチを参考に、さまざまな素材に触れることで一人ひとりの発想と個性を尊重する、幼児向けアートプログラムが開催されます。紙や絵の具はもちろん、墨や木の削り屑、鏡やプロジェクターなども用意され、子どもたちが主体となって自由に遊ぶことができます。

ナラプラス現地リポート

みんなで楽しんだアート体験の様子の紹介も。奈良の名産である墨を使ったワークショップ、粘土で埴輪をつくるワークショップなど、触る・香りを嗅ぐ・叩いて音を聞くなど、自由な発想で楽しむ様子が伝わってきました。

ナラプラス現地リポート

3階には眺めのいい「交流ラウンジ」などがあり、国内外から招いたアーティストが公開制作を行ったり、ワークショップや鑑賞会などを行う場となります。会議や各種講座などに利用できるセミナールームも完備しています。
単にアートや文化財を見学する、一方向の解説を聞くことだけで終わらせず、専門家や他の参加者と対話しながら知的好奇心を広げて学びを深めるラーニングプログラムの実践の場となります。

ナラプラス現地リポート

会場にはさりげなくアート作品も展示されています。こちらは土佐尚子さんの作品「奈良を見る弥勒」(2022年)。奈良県の形を模したオブジェを、弥勒菩薩が見守っています。作品にはお子さんにも分かりやすい文章で解説が添えられており、アートに触れるきっかけとなるでしょう。

県産農産物や伝統工芸品などの直売所も

ナラプラス現地リポート

「交流にぎわい棟」では、県産食材を使った料理が味わえるレストランのほか、県産農産物や伝統工芸品などの直売所や、シャワー室を備えたサイクルステーションがあります。
2階は実習室・多目的室となっており、奈良県の食と農について、歴史文化的背景を交えて体験して学ぶ、講座・料理教室などが定期的に開催されます。

ナラプラス現地リポート

地元で採れたての新鮮野菜や果物を中心に、加工品やお弁当などが販売されています。

ナラプラス現地リポート

伝統工芸スペースでは、奈良県の長い歴史の中で培われた、優れた伝統工芸品が販売されています。吉野杉の加工品、赤膚焼や鹿角細工、奈良晒、奈良団扇など、現代の生活にマッチする美しい品々が並びます。

ナラプラス現地リポート

交流にぎわい棟の一角には、とんかつの美味しさ、店長さんのユニークさで全国的な人気を誇る「まるかつ」さんの天理店「奈良名産レストラン&CAFE まるかつ」が開業しました。店長さんの後ろ姿の大きなパネルと、背中に貼り出されたメッセージが目印です。

ナラプラス現地リポート

まるかつさんのとんかつは、衣がサクサクでお肉が柔らかいのが特徴です。ロースカツなどは、口の中でほどけるように溶けていき、お肉の旨味がしっかりと感じられます。
天理店限定の「大和芋のとろろ」「ヤマトポークかつ膳」なども提供されていますので、ぜひお試しください。

ナラプラス現地リポート

道路交通情報や、奈良県全域の歴史文化資源や観光などの情報を発信する「情報発信棟」も併設されています。情報発信棟内のトイレと授乳室は24時間利用可能です。

「なら歴史芸術文化村」イベント

開村記念特別展「やまのべの文化財―未来に伝える、わたしたちの至宝―」

期間:3月21日(月曜日・祝日)~4月17日(日曜日)
場所:文化財修復・展示棟展示室

アーティストの作品展示 - 黒田大スケ

期間:3月21日(月曜日・祝日)~5月8日(日曜日)
場所:屋外体験ゾーン

アーティストの作品展示 - 土佐尚子

期間:3月21日(月曜日・祝日)~5月29日(日曜日)
場所:芸術文化体験棟1F・3F
※いずれも 申込不要・参加費無料

修理(文化財修復・展示棟にて)

考古遺物修復工房 - 前栽遺跡、平等坊・岩室遺跡
建造物修復工房 - 多坐弥志理都比古神社
絵画・書跡等修復工房 - 絹本著色當麻曼荼羅図(奥院)、紺紙金銀泥両界曼荼羅図(南法華寺)、栄山寺文書(榮山寺)
仏像等彫刻修復工房 - 木造四天王立像(光堂寺)、木造大日如来坐像(東南院)、木造多宝塔(十輪院)


※新型コロナウイルスの状況により内容が変更に、また開催が中止となる場合があります。
※ご来館の際は「うつらない」「うつさない」の予防措置の徹底をお願いします。


交通案内

なら歴史芸術文化村(天理市杣之内町437-3)は、近鉄・JR「天理駅」から、シャトルバスまたは奈良交通バス(桜井駅北口行き)「勾田(まがた)」下車、徒歩約15分です。




(リポート・写真 / ナラプラスライター N)



(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 辻本・林野
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100