流域下水道事業費特別会計 決算

下水道の機能やサービスを将来にわたって安定的に提供していくため、自らの経営や資産等を正確に把握できる公営企業会計を令和2年4月から導入しています。

公営企業会計の導入による効果として、従来の官庁会計方式と比べて、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表の作成を通じて自らの経営・資産等を正確に把握できること、また、他団体との資産状況、経営状況の比較や、経営判断に基づく利益処分の実施により、中長期的な視点に立った事業経営に繋がることなどが挙げられます。

令和2年度 奈良県流域下水道事業費特別会計決算書(pdf 2232KB)