活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2014年5月20日 参議院総務委員会

 今般の地方自治法の一部を改正する法律案において、「地方公共団体が相互に連携する際の基本的な方針等を定める連携協約制度」が創設されます。
 国会での審議に際し、参議院総務委員会にて参考人質疑がなされ、参考人の一人として出席し、本県の「奈良モデル」についてご説明申し上げました。
 「奈良モデル」は、県と市町村が連携して行政課題の解決にあたっていこうという取組で、合併という形態によらない地方行政の効率的なあり方を模索し、本県に最適な地方行政の仕組みを検討しようというものです。その基本的認識は、県と市町村は対等な立場にあること、県と市町村は自由な立場で連携・協働を進めることが可能であること、県は市町村と異なる役割を分担できること、統計を積極的に活用することなどであり、この認識の下、県は、頑張る市町村のため積極的に連携の調整やアジェンダの提示などイニシアティブを発揮してまいりました。
 今般創設される連携協約制度については、近時の地方行政の環境の変化を的確に捉え、時宜を得たものとして賛意を表するとともに、県内の市町村と県との連携の必要性についての認識と同様の認識に立つものとして、強い共感を覚えました。
 本県では、今後も人口減少と高齢者人口比率の増加が進む見込みです。そのような中、行政サービスの提供にあたっては旧来にないシステム改革が必要とされます。「奈良モデル」の実現により一層の市町村行財政の効率化・健全化を図り、奈良を元気にするため、鋭意取り組んでまいります。

2014年5月20日