外国人支援センター

 

ウクライナからの避難民に関する支援情報

 

ウクライナ避難民ワンストップ相談窓口の設置について

 ウクライナから避難された方々が、安心して生活を送っていただけるよう、生活支援等の相談を受け付ける「ワンストップ相談窓口」を設置しています。

 「ワンストップ相談窓口」では、ウクライナから避難されてきた方々の住居、教育、就労など生活全般に関する相談に対応しています。

 ※ウクライナから避難された方々やそのご家族、関係者の方向けの相談窓口です。

 詳細につきましては、こちらからご確認ください。 

 

Nara Prefecture set up a One-Stop Consultation Desk in the Nara Prefecture International Citizens Support Center to give consultations for those who have evacuated from Ukraine to facilitate their smooth transition to life in Japan/Nara.

The One-Stop Consultation Desk provides information about life in general for evacuees from Ukraine, including housing, education, and employment.

※ This service is for people who fled the war in Ukraine, their family members, or those who are involved in

  assisting them. 

>English(Information on One-Stop Consultation Desk for Evacuees from Ukraine)

 

 

ウクライナ避難民に対する支援内容について

 本県では、ウクライナから奈良県へ避難されてきた方々に対して、生活支援及び住宅支援を行っています。

 今後、長期的な滞在となった場合には、教育支援や就労支援も行っていく予定です。

 

Nara Prefecture is providing support for daily life and housing to those who fled from Ukraine. In the future, for long-term stays, we are also planning to offer assistance with education and employment.

>English(Information on Support for Evacuees from Ukraine)

 

 

ウクライナ語等の通訳・翻訳ボランティアの登録について

 ウクライナから奈良県へ避難された方々を支援するために、ウクライナ語及びロシア語の通訳・翻訳ボランティアを募集しています。

 詳細につきましては、こちらからご確認ください。

 

新着情報

JICA海外協力隊の帰国報告

 

 

 このたび、令和2年に任期を終了して帰国された海外協力隊4名、シニア海外協力隊1名が、下記のとおり、知事公室長への帰国報告をされます。

 

  記

 

1 日  時    令和21020日() 10時~10時30分

2 場  所    県庁本庁舎5階 第1会議室(小)

3 訪 問 者   合計11名(JICA海外協力隊5名、JICA等関係者6名)

4 JICA帰国隊員氏名等

帰国隊員

・シニア海外協力隊(平成29年度 4次隊)1名

松井 美智子(まつい みちこ)(橿原市)

派 遣 国: バヌアツ共和国

職   種: 障害児・者支援

勤 務 先: 教育省

任   期: 平成29年3月~令和2年3月

 

・青年海外協力隊(平成30年度 1次隊)3

北野 有紀(きたの ゆき)(生駒市)

派 遣 国: ラオス人民民主共和国

職   種: 小学校教育

勤 務 先: ルアンパバーン教員養成校

任   期: 平成30年7月~令和2年3月

 

太古 数馬(たいこ かずま)(奈良市)

派 遣 国: カンボジア王国

職   種: 理科教育

勤 務 先: プレアヴィヒア州教育局

任   期: 平成30年7月~令和2年7月

 

黒松 邦至(くろまつ くによし)(北葛城郡)

派 遣 国: エジプト・アラブ共和国

職   種: 環境教育

勤 務 先: 青年スポーツ省、教育省事業管理部

任   期: 平成30年7月~令和2年7月

 

・青年海外協力隊(令和元年度 1次隊) 1

林 由輝子(はやし ゆきこ)(北葛城郡)

派 遣 国: ネパール連邦民主共和国

職   種: 青少年活動

勤 務 先: ネパール教育庁/ゴルカ郡ゴルカ スリナワジョティ高等学校

任   期: 令和元年7月~令和2年3月

 

 同 席 者   

田中 宏幸(JICA関西 市民参加協力課 課長)

津田 昌二(JICA関西 進路相談カウンセラー)

宮本 純子JICA関西 国際協力推進員)

河合 憲太(青年海外協力協会JOCA大阪 代表)

吉原 由紀子(奈良県青年海外協力協会 会長)

近池 日出夫(奈良JICAボランティア応援団 理事)

 

 

 

青年海外協力隊・海外協力隊の概要

青年海外協力隊・海外協力隊は、日本国籍を持つ20~69歳の方を開発途上国へ派遣して「草の根協力」を行う独立行政法人国際協力機構(以下JICA)が実施する政府開発援助(ODA)の一事業。開発途上国の要請に基づき、現在9分野120以上の職種にわたる様々な技術協力を行っている。

◆青年海外協力隊(20歳~45歳)

令和2年8月末現在、累積派遣国数は92ヵ国で、累積派遣隊員数は45,776名となっており、そのうち現在69ヵ国で610名の隊員が活躍中。

・奈良県累積派遣隊員数(令和2年8月末現在)439名

・奈良県派遣中隊員数(令和2年8月末現在)   6名

※なお、派遣中隊員は現在一時帰国

◆海外協力隊(46歳~69歳)

 令和元年12月より派遣開始。

 

シニア海外協力隊の概要

シニア海外協力隊は、一定以上の経験・技能を持つ方々を開発途上国へ国際協力ボランティアとして派遣して相手国の人々に密着した技術指導を行う、JICAが実施する政府開発援助(ODA)の一事業。令和元年12月より派遣開始。

 

シニア海外ボランティアの概要(旧制度)

シニア海外ボランティア(旧制度)は、中高年世代の一定以上の経験・技能を持つ方々を開発途上国へ国際協力ボランティアとして派遣して相手国の人々に密着した技術指導を行う、JICAが実施する政府開発援助(ODA)の一事業。

令和2年8月末現在、累積派遣国数は78ヵ国で、累積派遣隊員数は6,553名となっており、そのうち現在32ヵ国で70種類にわたる様々な技術協力を行い、62名の隊員が活躍中。

・奈良県累積派遣隊員数(令和2年8月末現在)71名

・奈良県派遣中隊員数(令和2年8月末現在)   0名

 

奈良県外国人支援センターのホームページへようこそ!

外国人支援センターでは、さまざまな言語での生活相談や情報提供のほか、国際交流員の派遣、留学生への支援などを行っています。


・県内にお住まいの外国人で生活の悩みを相談したい方

・国際交流に関心のある留学生・県民の方

・外国人の支援にたずさわる方

 

 お気軽にお立ち寄り・お問い合わせください。

 

外国人相談センターチラシ

外国人総合相談窓口チラシ (日本語・English・中文・Portugês)

 

 

【駐車場のご案内】

 

 ※奈良県外国人支援センターに駐車場はありませんので近隣の駐車場(有料)をご利用ください。

シルキア奈良地下1・2階 奈良市営駐車場(505台収容)
営業時間:午前6時から翌日午前0時30分まで
料金:30分毎150円、5時間以降24時間まで1,500円
シルキア奈良駐車場のご案内

 

ウクライナ避難民支援ボランティア募集

ウクライナ避難民支援

ウクライナから奈良県へ避難された人を支援するためにウクライナ語及びロシア語の通訳・翻訳ボランティアを募集します。

ご協力いただける方は、チラシをご覧の上、申込書を奈良県外国人支援センターまでお送りください。

募集チラシ(pdf 123KB)

登録申込書(pdf 233KB)

 

まほろばパスについて

○まほろばパスとは…

県内・県外の大学で学ぶ留学生が、奈良県内の社寺、文化・観光施設へ一部無料で入館することができるカードのことです。
留学生のみなさんは、このカードを使って、奈良の歴史や文化に触れ、留学生の家族や友人・母国の人々に奈良のことをPRしてください。

まほろばパス
お問い合わせ

奈良県外国人支援センター

所在地:〒630-8122 
    奈良市三条本町8-1 シルキア奈良2階209号
TEL:0742-81-3320(代表)
    0742-81-3420(相談窓口)
           0742-81-3430(留学生交流室)
FAX:0742-81-3321