奈良の木ブランド課

イベント・講座情報

過去から未来へ ― つなぐ奈良の木 東京・奈良まほろば館で「奈良の木」をPRします! New!

法隆寺をはじめとする歴史的な木造建築が残る古都・奈良。貴重な文化財は先人たちの木を活かす知恵や技術に支えられ、過去から現代まで受け継がれてきました。

また、奈良県吉野地域は日本最古の林業地域のひとつ。その気候風土と独自の育成方法により良質な木材を育ててきました。

本イベントでは、文化財を未来へつなげるための修理や復原から、私たちの生活を彩る家具やアート、生活雑貨まで、様々な場面で活用される奈良の木をご紹介します。

イベント概要

1.開催日時 2021年11月23日(火曜日)~12月5日(日曜日) 11時00分~20時00分

2.開催場所 奈良まほろば館(東京都港区新橋1丁目8-4 SMBC新橋ビル1F・2F)

3.主  催 奈良県

4.開催内容 

【企画展示】2FイベントルームA
文化財の修理や復原から、家具やアートまで、様々な場面で活用される奈良の木を作品展示や
説明パネル、動画により紹介。

【企画展示連動セミナー・講演会】2FイベントルームA
企画展示内容と連動したセミナー・講演会を開催。
※お申し込みは「奈良まほろば館公式ホームページ」からとなります。(要事前申込・先着順)
■11月23日(火曜日) 13時00分~16時00分 「奈良の木大学2021 in東京」
■12月5日(日曜日) 14時00分~15時45分 
「完成間近!平城宮跡第一次大極殿院南門復原工事にみる歴史的建造物の復原における奈良の木の活用 」

【奈良の木を使った製品の販売】1Fショップ
<出展事業者>
下北山地域総合商社、一般社団法人天川村フォレストパワー協議会、株式会社廣箸、
株式会社ホーテック(4社、五十音順)

イベントチラシ「過去から未来へ―つなぐ奈良の木」(pdf 1689KB)

イベントメインビジュアル