西安世界園芸博覧会への「奈良庭園」出展について

 奈良県では中国陝西省との友好提携の締結に向けて交流を進めているところですが、その交流の一環として陝西省西安市で開催される「2011西安世界園芸博覧会」に西安市の友好都市である奈良市と共同で「奈良庭園」を出展しますのでお知らせします。

 ○2011西安世界園芸博覧会の概要

  1 会  期  平成23年4月28日(木)~10月22日(土)
                   
  2 会  場   中国陝西省西安市

  3 主    催  中国国家林業局、中国貿易促進会、中国花弁協会
            陝西省人民政府、西安市人民政府

  4 来場目標  1200万人

  5 テーマ  「天人長安 創意自然」 
    
  ※同博覧会公式サイト http://jp.expo2011.cn/ (日本語版)
 

 ○奈良庭園の概要

  1 出展期間   同 上

   2 出展主体   奈良県、奈良市

  3 コンセプト   同博覧会の開催テーマである「天人長安 創意自然」に基づき、連綿と続いてきた奈良と
                           中国西安との交流具体化の一環として、人間と自然が調和し緑あふれる古都奈良を日本
                           庭園で表現する。

  ※4月28日(木)に開催される同博覧会の開幕式には同博覧会実行委員   会の招請を受けて窪田副知事が出席する予定です。

                2011西安世界園芸博覧会について

  1 会  期  平成23年4月28日(木)~10月22日(土)
          計178日間
                      
  2 会  場   中国陝西省西安市 418ヘクタール

  3 主    催  中国国家林業局、中国貿易促進会、中国花弁協会
          陝西省人民政府、西安市人民政府

  4 来場目標  1200万人

  5 テーマ  「天人長安 創意自然」
         =「天」は自然、「人」は都市を指す。「長安」は西安旧称で、国家繁栄と安泰を象徴する。
                        「天人長安」は都市と自然の調和・共生で、「創意自然」は自然を尊し、修復し利用する
                        ことである。
                        ※テーマの解釈は同博覧会の公式HPから。

    6 副テーマ  「都市と自然の共栄」

  7 種  別    「2011西安世界園芸博覧会」は国際園芸家協会が小規模国際博覧会(A2)及び
                       長期・大規模国内博覧会(B1)として認定した国際園芸博覧会で、日本国内で開れた
                        2000年の淡路花博、2004年の浜名湖花博と同規模。

 ※参 考

  国際園芸博覧会とはオランダのハーグ市にある国際園芸家協会(AIPH)に
 認定された国際的な博覧会で、国際的なレベルで園芸生産者の利益を図り、
 園芸技術の向上を図るために開かれる。
  種別として、各国代表の参加による国際的園芸博覧会(A類)と国際性の
 ある国内園芸博覧会(B類)がある。主な分類は以下のとおり。

   <分類>
    ○国際園芸博覧会(A類)
      A1認定=大規模国際園芸博覧会
      A2認定=短期・小規模国際園芸博覧会
    ○国際性のある国内園芸博覧会(B類)
      B1認定=長期・大規模国内園芸博覧会
      B2認定=短期・専門国内展示会

お問い合わせ

国際課
 〒 630-8501奈良市登大路町30
    TEL:
0742-27-8477(多文化共生係)

            0742-27-5821(国際交流係)

 

外国人支援センター

 〒630-8122 奈良市三条本町8-1シルキア奈良2階

    TEL:0742-81-3320(代表)

            0742-81-3420(相談窓口)