障害のある方への配慮について

 

障害のある方の中には、新型コロナウイルス感染症の拡大により、日常生活の様々な場面が今までと少しでも違うことで不自由さに直面することがあります。

困っているところを見かけたら、皆さまのできる範囲で、状況に応じたサポートや配慮をよろしくお願いします。

(奈良県公式Twitter・せんとくんのつぶやき/令和3年6月5日投稿) 

知的・発達障害のある方が、新型コロナワクチン接種で医療機関を利用する機会があります。

中には慣れない外出や人が多い場所、検査内容に不安を感じて声を出したり、歩き回る方がいらっしゃいます。

それぞれの障害をご理解いただきサポートや配慮をお願いします。

(奈良県公式Twitter・せんとくんのつぶやき/令和3年6月8日投稿)

視覚障害のある方は、

ヘルパーの付き添いがなく外出する際、

・お店に貼ってある営業時間の変更、マスクや消毒液が置いてある場所が分からない

・まわりの人との距離感をつかめず近づいてしまう などの場合があります。

状況に応じたサポートや配慮をお願いします。

(奈良県公式Twitter・せんとくんのつぶやき/令和3年6月11日投稿)

聴覚障害のある方とコミュニケーションを取る際

・筆談(音声認識アプリなどでもOK)で伝える

・コミュニケーションボードを使う

・指差しや身振りで示す

FAX番号やメールアドレスを公開する

・透明マスクなど口元を見せる工夫をする などの配慮をお願いします。

(奈良県公式Twitter・せんとくんのつぶやき/令和3年6月14日投稿)

車いすを利用する方は、

立っている方より低い位置に顔があることが多く、話しかける方が顔を近づけすぎてしまうことがあります。

マスクを着用して、適度な距離を保ちながら、目線を合わせて声をかけるといった配慮をお願いします。

(奈良県公式Twitter・せんとくんのつぶやき/令和3年7月2日投稿)

お問い合せ先:奈良県福祉医療部障害福祉課
〒630-8501 奈良市登大路町30番地
TEL:0742-22-1101(代表)  FAX:0742-22-1814
障害福祉課へのお問い合わせフォームはこちら