清華大学との友好交流

 清華大学の概要

特徴

 清華大学は、1991年に設立された清華学堂を前身とする大学で、令和2年6月現在、世界大学ランキングのアジアトップであり、これまで多くの中国政府の高官を輩出している大学です。大学のキャンパスは、清王朝時代の皇帝の庭園である「清華園」のあった北京市郊外の海淀区にあり、自然豊かな環境と広大な敷地、歴史的な建築物と近代建築物の融和により、非常に美しい大学としても有名です。

学部数(学院と系という仕組みで日本の学部とは少し異なるシステム)

 20学院 59系 

在学生数(令和2年6月時点)

 50,394人

職員数(令和2年6月時点)

 15,401人

交流の経緯

 清華大学関係者が平成30年12月に平城宮跡を視察した際、荒井知事と面会したことをきっかけに、令和元年8月21日に学術・文化の発展と人材の育成などを目的として、「日本国奈良県と中華人民共和国清華大学との包括交流に関する覚書」を、同年9月25日には「日本国奈良県と中華人民共和国清華大学との交流の展開に関する覚書」を締結しました。

 締結式

 

友好提携後の交流

令和元年(2019)9月

 清華大学の邱勇学長ら一行が来県し、平城宮跡の視察と今後の交流に関しての意見交換を実施しました。

お問い合わせ

国際課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
国際交流係 TEL : 0742-27-8477
東アジア連携係 TEL : 0742-27-5821