奈良県平成緊急内水対策事業

概要

 奈良県では、平成29年10月の台風21号により大和川流域で大規模な内水被害が発生したことから、喫緊の課題である内水被害の解消に向け、大和川流域内における内水被害地区で、必要な貯留施設等を整備していく「奈良県平成緊急内水対策事業」を流域市町村と連携して進めています。

 

内容

 1.奈良県平成緊急内水対策事業について

 

 2.奈良県平成緊急内水対策(新たな「ためる対策」)

 

 3.事業内容のイメージ

 

 4.事業の進め方

 

 5.重点地区及び事業箇所の位置