青少年の非行・被害防止運動

令和3年度「青少年の非行・被害防止運動」の実施について

 ○趣旨
 
県では、青少年の規範意識の醸成及び社会環境の浄化を図ることなどを目的に、内閣府の取組に同調した「青少年の非行・被害防止運動」を展開し、7月を「強調月間」、8月を県独自の「強化月間」に指定し、法務省が主唱する"社会を明るくする運動"と協調を図りながら、関係機関・団体、地域住民等が共通の理解と認識のもと有機的に連携し、県民一体となった運動を推進します。

  なお、取組にあたっては新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に十分配慮して実施します。

 令和3年度「青少年の非行・被害防止運動」奈良県実施要綱・実施事項(pdf 246KB)

  

○主な活動内容
・合同立入・巡回啓発活動

【時期】

 令和3年7月8日木曜日 から 令和3年7月30日金曜日 (期間中のうち、土・日・祝日を除く9日間)

【対象】

 映画館、書店、ビデオ販売・レンタル店、コンビニエンスストア、がん具・刃物類販売店、カラオケボックス、ゲームセンター、ボウリング場、インターネットカフェ、リサイクルショップ、質屋、貸金業、図書類自動販売機など

【内容】

 県、県教育委員会、県警察が実施する「奈良県青少年の健全育成に関する条例」に基づく立入調査と、各市が実施する巡回啓発活動が連携し、青少年の健全育成に悪影響を及ぼす恐れがある環境の点検・浄化を推進します。
【実施機関】

 奈良県、奈良県教育委員会、奈良県警察、各実施市
【協力】

 関係機関・団体

  令和3年度「青少年の非行・被害防止運動」に伴う合同立入・巡回啓発活動実施要領(pdf 148KB) 

・啓発チラシの配布を通じたインターネットトラブルと犯罪被害の防止

・新聞、月刊奈良、県民だよりを通じた広報啓発活動