独立行政法人国立病院機構 やまと精神医療センター

やまと精神医療センター 

住所 大和郡山市小泉町2815番地
電話番号(代表) 0743-52-3081
URL:https://yamato.hosp.go.jp/
診療科:精神科
許可病床数:283床

紹介する「面倒見のいい病院」の取り組み領域

認知症へのケア

カンフォータブルケアを取り入れ、患者さんの笑顔になるケアを目指しています。

やまと精神医療センター 
病院の概要

 近畿唯一の国立病院機構の精神医療専門病院として、一般精神疾患患者に加え、結核合併精神疾患患者並びに重症心身障害児()の診療に当たっています。

 また、平成3年度において老人性認知症疾患対策モデル事業施設として、精神183床のうち50床が機能付与され、平成410月から老人性認知症疾患患者の治療に当たっています。 

取り組みのきっかけ

 令和元年より、環境調整、薬物療法の看護とともに、カンフォータブルケア(患者さんに快刺激を与え安心感を得て、安定感をはかるケア)を導入し、認知症の患者に対するケアを実践しています。

 療養介助職員が、音楽療法やレクリエーション等の日中支援を行い、病棟全体で、患者さんが笑顔になる取り組みを行っています。

「面倒見のいい」内容

 BPSD(行動・心理症状)が著明で自宅や施設での生活が困難な認知症と診断された患者さんを受け入れ、環境調整、薬物療法の看護とともにカンフォータブルケアを取り入れた対応を行っています。BPSD改善と生活の自立度に応じた社会資源の活用を行い、地域移行支援を行っています。

 地域医療連携室・外来診療部門・入院部門が連携し、入退院調整を行っています。また、コアラ訪問看護ステーションを併設し、通院しながら地域で暮らす支援を行っています。

ご安心のポイント

 医師を中心とした多職種で形成される専門医療チームで、患者さんの栄養管理や転倒転落防止等を行っています。また、コロナ禍であっても、2名の感染管理認定看護師が感染防止の視点での看護のリーダーシップを発揮し、安心して過ごせる環境を整えています。

 入院生活では、患者さんの自立を図り、可能な限り、その人らしく過ごせるよう日中支援に努めています。そして、担当する看護師達は、認知症に関連する院内や院外の研修に参加し、専門的な知識や技術の取得に努めています。

やまと精神医療センター



医療・介護関係者へのメッセージ

 当院は大和郡山市にある病床数283床の精神科単科の医療機関です。診療は年末年始を除く平日、受付時間は8時30分11時30分となっており、時間内に受付していただくことで原則当日診察対応が可能となっています。

 認知症によるBPSD等、専門医療が必要とお考えの方がいらっしゃれば、地域医療連携室にご相談頂ければと考えています。また、医師・看護師・薬剤師・作業療法士・精神保健福祉士等の多職種によるアプローチで院内、地域連携に努めています。

 訪問看護ステーションを設置しており、住み慣れた地域での生活支援にも力を注いでいます。お気軽にご相談ください。

取組に関する問い合わせ先(部署名)

代表電話へご連絡ください。

住所 大和郡山市小泉町2815番地
電話番号(代表) 0743-52-3081
URL:https://yamato.hosp.go.jp/
 

 

ご注意

※病院の情報は原則として令和3年12月時点です。(一部、最新情報へ更新する場合があります)

※急性期病院では急性期疾患を持った患者様の治療が対象となるため、面倒見のいい取り組みのみを目的とした対応は別の病院に依頼される場合があります。
※各病院では患者さんの容態に応じて医療を提供しています。そのため、面倒見のいい取り組みの提供ができない場合があります。

お問い合わせ

地域医療連携課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
医療企画係 TEL : 0742-27-8645
医療管理係 TEL : 0742-27-8653
緊急医療対策係 TEL : 0742-27-8935
在宅医療・医療連携係 TEL : 0742-27-8676