ガストロノミーツーリズム世界フォーラム開催について

UNWTO(国連世界観光機関)主催「第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーム」が下記のとおり奈良県で開催されました。

第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラム in 奈良

 FORUM LOGO

 

開催日

令和4年12月12日(月曜日)~15日(木曜日)

 

主な会場

奈良県コンベンションセンター

 

テーマ

人と地球のためのガストロノミーツーリズム:革新し、活躍を推進して、維持する

 

参加者数

 会場参加:約30カ国、450人以上(国内約300人、海外約150人)
 オンライン参加: 約125カ国、1,000人以上

 

主催者

UNWTO(国連世界観光機関)
BCC(バスクカリナリーセンター)と共催

 

地元主催者

 奈良県

後援

 観光庁

 

プログラム内容要旨

日本初開催となった第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラム in 奈良では、「人と地球のためのガストロノミーツーリズム:革新し、活躍を推進して、維持する」のテーマの下、持続可能な社会の発展、価値ある資源としての食材利用、若手と女性の活躍の推進、人材育成におけるガストロノミーツーリズムの役割について議論されました。

 

 

プログラム

詳細は下記のHPをご確認ください。

世界フォーラム公式HP:https://7-unwto-gastronomy-tourism-forum.jp/

UNWTO本部のHP(英語のみ):https://www.unwto.org/7-unwto-world-forum-on-gastronomy-tourism