奈良県植栽による景観向上推進事業費補助金制度


奈良県植栽による景観向上推進事業費補助金制度

四季を通じて彩り豊かな植栽景観を向上させ、素晴らしい景観を県民や来訪者に提供するため、地元団体等が実施する奈良県植栽計画「なら四季彩の庭」づくりの方向性と合致する、植栽景観の向上に係る事業に要する経費の一部を、予算の範囲内において補助金を交付します。

 

「奈良県植栽計画(「なら四季彩の庭」づくり)」の詳細についてはこちらへ

https://www3.pref.nara.jp/syokusai/

趣旨

以下の条件をすべて満たす事業
(1)「なら四季彩の庭」づくりにおけるエリア内の県有地・国有地で実施され、かつエリア方針に合致する事業
(2)「なら四季彩の庭」づくりに登録された事業 ※新規登録可
(3)維持管理行為ではなく、景観向上のための新たな取組とみなせる事業
(4)他の制度における助成等を受けない事業

 

<対象事業例>
1.景観阻害要因の排除(荒廃した竹林伐採、視線を逸らす植栽など)
2.玄関口や移動空間の魅力向上(彩り植栽や花壇等の充実、シンボルツリー、など)
3.眺望景観の向上(視点場の環境整備、ベンチ等の施設整備や彩り植栽、支障木伐採、剪定等、視対象の魅力向上のための彩り植栽など)
4.観光充実のための工夫(来訪者の誘導を行う鉢植えの配置など)
※一連の事業につき一回限りを対象とします。

 

対象者

「なら四季彩の庭」づくりのエリア内で活動する団体(ボランティア団体、自治会 等)


 

対象経費

消耗品費、原材料費、役務費、使用量、工事請負費、その他知事が必要と認める経費

 

補助額

補助対象経費の1/2以内

 

<限度額>
限度額は設定しませんが、要望の結果を踏まえて、予算の範囲内で配分します。

 

募集期限

令和4年8月31日まで

  

補助金交付決定までの流れ(予定)

(1)別紙要望書(様式1)及び必要書類を奈良県環境政策課きれいプロジェクト推進係に提出(令和4年8月31日まで)

(2)予算要求(令和4年9月~令和4年12月頃)

(3)奈良県植栽計画への登録審査(令和5年1月~令和5年3月頃)

(4)奈良県植栽計画への登録決定(令和5年3月頃)

(5)正式要望書の提出(令和5年4月頃)

(6)交付申請書の提出(令和5年5月以降)

(7)交付決定通知(交付申請書提出より1~2ヶ月程度)

(8)事業実施

(9)実績報告書の提出(令和6年2月末まで)

(10)完了報告(令和6年3月末まで)

(11)補助金交付

 

 

※当フローは令和5年度の予算成立を前提としたものです。予算が成立しなかった場合、奈良県植栽計画への登録が決定していても、令和5年度の補助金交付はできません。
※(3)、(4)について、既に登録済みの事業は除きます。

 

提出書類

○要望書(様式1)
○団体概要書(様式2)
○位置図
○事業内容を示す図書
○積算資料 ※見積書等
○土地所有者の承諾が分かる書類 ※行政財産使用許可書、協定書等

 

様式等

・チラシ(tirashi.pdf 443KB)

・実施要綱(youkou.pdf 101KB)

・Q&A(Q&A.pdf 159KB)

・要望書(様式1)(youshiki1.xls 46KB)

・団体概要書(様式2)(youshiki2.xls 28KB)

 

注意事項

○「なら四季彩の庭」づくりのエリア、方針等は専用HPをご参照ください。
https://www3.pref.nara.jp/syokusai/
○維持管理行為は補助対象となりません。維持管理行為の例については、別添Q&Aを参照ください。
○要望いただいた事業について、奈良県植栽計画への登録が認められない場合もあります。
事業内容、事業規模、継続性など総合的な判断をします。
○当補助金を活用して整備された箇所については、整備後その目的を果たすよう適正に維持管理していただくこととなります。
整備箇所が適正に維持管理されているかを確認させていただくため、毎年4回程度整備箇所の写真を同じアングルで撮影し、
提供いただきます。一定期間を経ずして、適正な維持管理がなされなくなった(放置しているなど)場合は、
交付要綱第12条、13条の規定により補助金の返還を求めることもあります。
○その他注意事項については、別添「奈良県植栽による景観向上推進事業費補助金交付要綱」及びQ&Aを参照ください。

 

問い合わせ先

環境政策課 きれいプロジェクト推進係
TEL:0742-27-8663
FAX:0742-22-1668