修理中の案件に関するクラウドファンディング情報

大安寺 宝物殿

 大安寺は、聖徳太子が平群に建てた熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)がその草創といわれています。飛鳥の藤原京で百済大寺、大官大寺となり奈良時代に現在の地に移り大安寺となりました。南都七大寺のひとつに数えられ、左京六条四坊から七条四坊にまたがる広大な寺域を占め、九百名弱もの僧が学ぶ大伽藍を誇っていました。現境内の南に残る七重塔跡に昔日の威容を偲ぶことができます。

(「いかす・なら」ホームページより抜粋)

修理予定の内容

 大安寺では、木造楊柳観音立像など天平時代の仏様9体が今日に伝えられており、全て国の重要文化財に指定されています。現在、そのうち7体が宝物殿に安置されていますが、宝物殿の建立から60年が経ち、老朽化が進んでいる事や免震機能や調温調湿設備がない事等から、次世代へ引き継ぐための早急な環境の整備が必要となりました。

(重要文化財木造楊柳観音立像ほか 保存活用施設整備(美術工芸品・収蔵庫・公共)事業)

クラウドファンディングについて

 目標額:10,000,000円

 募集期間:令和5年3月20日午後11時まで

 支援の使い道:宝物殿の増改修費

重要文化財 崇道天皇社 本殿(奈良県奈良市西紀寺町)

※※募集期間は終了いたしました。皆様から多くのご支援をいただき、ありがとうございます。※※

 祟道天皇社は、806年(大同元年)創建の崇道天皇(早良親王の追号)をお祀りする神社です。本殿は1623年(元和9年)に春日大社の若宮社を移建したもので、現存する最古の「春日移し」の本殿として大変貴重であることから、国の重要文化財に指定されています。

・修理予定の内容

 安土桃山時代から護り継がれてきた大切なご本殿が、2021年(令和3年)7月に近隣の火災による被害を受けられました。文化財の防災設備の必要性を痛感された同社は、放水のための地下貯水槽を整備するなどの大規模な工事を予定しており、そのための広い支援を求めていらっしゃいます。

・クラウドファンディングについて

 目標額:10,000,000円

 募集期間:令和4年11月30日午後11時まで

 支援額:6,230,000円