「人権を尊重した社会づくり」のための施策を推進するにあたって、次世代を担う若者の
人権に関する意識について現状を把握し、今後の人権施策に取り組むうえでの参考資料とするため、
平成23年9月に「若者の人権意識調査」を実施しました。


 調査の概要  


 (1)調査地域    奈良県全域(全市町村)
 (2)調査対象者   県内在住の15歳以上19歳以下(平成23年4月1日現在)の男女
 (3)調査対象者数  5,000人
 (4)標本抽出方法  各市町村の住民基本台帳から無作為抽出
 (5)調査方法    郵送による無記名アンケート方式
 (6)設問数        19問
 (7)調査時期    平成23年9月(調査票発送日:9月1日、回収締切日:9月22日)
 (8)有効回答数   2,002件(回答率40.9%、不達102件)


 調査項目の概要  


 (1)生活や社会に対する意識、自己イメージについて(問1~問3)
 (2)自身のいじめや人権侵害に関する経験について(問4~問6-5)
 (3)偏見や差別に対する学習経験、意識や態度について(問7~問14)
 (4)インターネット上での人権侵害に関する意識について(問15~問16)
 (5)人権啓発や人権尊重の社会づくりに向けた意識について(問17~問19)

 


 調査報告書  


  1.若者の人権意識調査報告書PDFデータは、こちらをご覧ください。(2.01MB)

  2.若者の人権意識調査報告書《概要版》PDFデータは、こちらをご覧ください。(390KB)




 ( 参考 ) 平成20年度「人権に関する県民意識調査」結果  


平成20年11月に、県内在住の満20歳以上の男女3,000人を対象に、「人権や差別についての考え方」「人権侵害の経験・対応」「結婚観」「インターネット上の差別的な書き込みについての意識」など、人権問題に対する県民の皆様の意識を調査しました。1,378人(45.9%)の方から回答をいただきました。
 

 1.調査報告書PDFデータは、こちらをご覧ください。(2.86MB)

 2.調査報告書《概要版》PDFデータは、こちらをご覧ください。(360KB)