奈良県ひきこもり相談窓口

   奈良県では、ひきこもりに悩んでいる方やそのご家族を支援するため、平成27年4月より県庁1階に「奈良県ひきこもり相談窓口」を県域のひきこもり地域支援センターと位置づけ開設し、ひきこもりのご本人やご家族に対して「電話相談」や「来所相談」を無料で実施しています。10代から幅広い年齢層の当事者の相談に応じる中で、ひきこもりの長期化、高年齢化への対応が大きな課題となっています。

ひきこもり相談窓口のチラシ

下の画像をクリックすると、PDFデータが開きます。

 

奈良県ひきこもり相談窓口 Facebookページはこちら

 利用方針はこちら(PDFデータ)

(下記QRコードから読み取っていただくことが可能です)

QRコード


<電話相談 及び 奈良県庁での来所相談>

相談日時:毎週 月曜日 ~ 金曜日(土日祝日・年末年始を除く)
     9時00分 ~ 17時00分


相談場所:奈良県庁1階 青少年・社会活動推進課内 ひきこもり相談窓口
     〒630-8501 奈良市登大路町30番地

相談内容:ひきこもり相談窓口・相談員(臨床心理士等)による相談
           ・電話相談
           ・来所相談(予約制)

電 話:0742-27-8130 (来所相談、出張相談の予約もこちらの番号で承ります)

< 出張相談 >

   県中南部にお住まいの方で県庁まで行くことが難しい方につきましては、下記のとおり相談員による「出張相談」を行っております。いずれの会場も無料・予約制でご利用いただけます。

場所については、チラシよりご確認ください。

     チラシ(橿原市・王寺町)はこちら(pdf 534KB)

  チラシ(五條市・大淀町)はこちら(pdf 913KB)

橿原市


 (1)場所:橿原市青少年センター(橿原市商工経済会館内)        橿原市久米町652-2                           近鉄橿原神宮前駅東改札口よりすぐ

  日程:毎月第2・4水曜日(月2回)
        10月14日、 10月28日、 11月11日、 11月25日、 12月9日、12月23日、
        1月13日、 1月27日、 2月10日、 2月24日、 3月10日、3月24日、

  時間:10時00分~16時00分 (1回 約60分) 

 (2)場所:奈良県橿原総合庁舎 2階203会議室      橿原市常盤町605-5                                   近鉄大阪線耳成駅から徒歩20分 または、                                           奈良交通バス 近鉄大和八木駅から(耳成循環) 橿原総合庁舎下車 内回り11分・外回り17分
  日程:毎月第2金曜日(月1回)
        10月9日、11月13日、12月11日、1月8日、2月12日、3月12日
  時間:10時00分~16時00分(1回 約60分)

王寺町

 場所:やわらぎ会館 3階小会議室2  北葛城郡王寺町王寺2年1月18日                                王寺駅より徒歩7分
 日時:第3火曜日(月1回)

     10月20日、11月17日、12月15日、1月19日、2月16日、3月16日
 時間:10時00分~16時00分 (1回約60分)
 

五條市

 
 場所:五條市子どもサポートセンター 五條市新町3丁目3-1                                  JR五条駅より南へ徒歩約15分 
  日程:毎月第2木曜日

            9月10日、10月8日、11月12日、12月10日、1月14日、2月18日、3月11日
 時間:10時30分~16時00分 (1回 約60分)

大淀町

 
 場所:大淀町文化会館 大淀町役場敷地内 吉野郡大淀町桧垣本2090                             近鉄下市口駅 北へ徒歩約15分
 日程:毎月第4月曜日                                                   10月26日、11月16日、12月21日、 1月25日、2月22日、3月22日
 時間:10時30分~16時00分 (1回約60分)

 <よくある質問 Q&A>          

ひきこもりとは?

 ひきこもりとは 「さまざまな要因によって社会的な活動の場面が狭まり、就労や就学など 自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態」とされています。「元気」や「自信」が失われている状態であり、「甘え」や「怠け」では決してありません。

   また、80代の親が50代のひきこもりの子どもを支える、いわゆる「8050(ハチマルゴウマル)問題」がマスコミ等で大きくとりあげられました。

 県内のひきこもりの推計人数は、内閣府の調査結果をもとに推計しますと、若年者(15~39歳)で5,000人超、中高年(40~64歳)で、6,000人超と推計されます。よって県内のひきこもりの方は、1万人を超えると推計されます。

 こどもが20歳を超えているんだけど、相談できるの?

   大丈夫です。学校を卒業・何らかの事情で中退してずっと家にいる10代から、数年~何十年もの間ひきこもっている大人の方の相談をお受けいたします。

 

 今はひきこもっているけどそのうち出てくると思うし、相談は必要?

  相談当事者のひきこもり状態になったきっかけは様々で、不登校、いじめ、就職や受験の失敗などがあります。

  一旦ひきこもると、友人や親族といった人間関係が途絶えてしまい、社会復帰のきっかけを失いがちになります。また、ひきこもり期間が短いほど社会復帰のための期間も短いと言われています。

相談してって言われても、何を話していいかわからないから相談しにくい・・・

   ひきこもりになられた経緯、普段のご家族様のかかわり、思っていることなど、話せる範囲で構いませんのでお聞かせください。

   ご家族の中には、経済的な困窮・心身共に疲弊・当事者の暴力などがあり、なかなか相談しにくいものです。ですが、話しにくいことをご家族だけで解決するのは難しくないですか。もしかすると、話すことでいままで知らなかった情報を得て改善のきっかけになるかもしれません。

これまで様々なところに相談してきたけど、一向に良くならなかった。

   ひきこもり状況を何度も他人に話し、かつ、状況が改善しないとなると、話すだけムダではという気持ちになるのも無理はありません。しかし、あきらめてしまうと解決の糸口すらつかめなくなってしまいます。当相談窓口は、公営で無料の相談機関です。今一度ご相談いただき、解決に向け一緒に考えていきましょう。

奈良県に住んでいないけど…相談できるの?

  ひきこもりの当事者が奈良県内に住んでいるのであれば、ご家族様が奈良県外であっても相談できます。

それ以外の場合は、地元のひきこもり地域支援センターをご利用ください。
※全国のひきこもり地域支援センターについては、厚生労働省のページよりご確認ください。

ひきこもり支援の状況について、もっと知りたい。

「奈良県ひきこもり相談窓口Facebookページ」を開設しております。
ひきこもりでお悩みのご家族さまやご本人さまにとって役立つ情報を随時掲載していきますので、ぜひご覧ください。


ひきこもり 本人の集い・家族の会を開催しています

 

本人の集い

 ひきこもり当事者が自宅以外の場所で様々な活動や体験をし、同じ経験を持つ仲間と交流できる集いです

 「男子会」「女子会」をそれぞれ月1回、男女合同の「交流会」を年2回開催します

 事前に個別相談にてお話を伺いますので、ご希望の方は「奈良県ひきこもり相談窓口」へまずはお電話ください 

 TEL0742-27-8130

 

家族の会   

ひきこもり者をもつ家族がひきこもりについて理解を深めたり、家族としての関わり方を学んだり、意見交換を行ったりする場です

 【奈良県北部地域】

 主な開催場所 奈良市中部公民館(奈良市上三条町23-4)

     日時 毎月第2金曜日 午後6時~午後8時30分

     ただし、5月は 奈良文化会館(奈良市登大路町6-2)

    

       

 【奈良県中南部地域】

     場所 橿原市青少年センター(橿原市久米町652-2)

    開催日 5月29日、6月17日、7月15日、8月19日、9月16日、10月21日、11月18日、

                      12月16日、令和3年1月20日、3月17日

     時間  午後1時30分~午後3時30分

 

     ※ いずれの会場においても、日時や会場の変更、中止する場合があります。

 

 【お問い合わせ先】奈良県ひきこもり相談窓口

          TEL0742-27-8130