臓器提供意思表示カードの配布


いのちへの優しさとおもいやり

臓器移植は、あなたの優しさとおもいやりによる臓器提供があってこそなりたつものです。

2010年7月17日に改正臓器移植法が全面施行され、生前に書面で臓器を提供する意思を表示している場合に加え、ご本人の臓器提供の意思が不明な場合も、ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりました。
これにより、15歳未満の方からの脳死後の臓器提供も可能になりました。

奈良県では、移植医療についての理解を深めていただくとともに、臓器提供意思表示カードの普及に努めています。

自分が最期を迎えたときに、誰かの命を救うことができます。あなたの意思で救える命があります。
自分の意思を尊重するためにも、臓器移植について考え、家族と話し合い、「提供する」「提供しない」どちらかの意思を表示しておくことが大切です。
*提供しない意思については、15歳未満の方の意思表示も有効です。


臓器提供Q&A

意思表示カードの配布について