一市一まちづくりについて

 「一市一まちづくり」は、住民が元気で暮らしやすく、賑わいのあるまちを、地域の特徴を活かしてつくろうというものです。
 奈良県では、モデル的に、下記の8市についてそれぞれ一つの地域・まちづくりのテーマを選び、地元とともにまちづくりの中身の検討を進めていきます。

(大和高田市、大和郡山市、天理市、桜井市、五條市、香芝市、葛城市、宇陀市)

一市一まちづくりの方針 

  1) 地域にある公有・民有の資産を有効活用し、ストーリー性のあるまちづくり
  2) 周辺で行われている県や市のハード、ソフトの施策と関連付けられたまちづくり
  3) まちづくりの成果が、地域の売り、誇りとなるようなまちづくり
  4) 県、市、住民等の関係者などから成るまちづくり協議会を設置して検討を行うなど、県、市、関係者が連携して推進されるまちづくり


対象地域とまちづくりのテーマ 

市名

対象地域

まちづくりのテーマ

大和高田市 近鉄高田市駅(片塩商店街)周辺~JR高田駅・近鉄大和高田駅周辺~高田川周辺 中心市街地(片塩商店街地区など)の賑わい創出・車にたよらないで暮らせる環境まちづくり
大和郡山市 城下町を中心としたエリア 城下町の観光と暮らしを支えるまちづくり
天理市・桜井市 JR長柄駅~柳本駅~巻向駅周辺 山の辺の道周辺の史跡や農村資源を活用した賑わいある農村づくり
桜井市 三輪周辺(大鳥居(国道169号)~JR三輪駅周辺~大神神社) 大神神社の上品な参道づくりと三輪のまちの賑わい創出
五條市 五條IC周辺~新町周辺 五條新町を核とした賑わいのあるまちづくり
香芝市 香芝市内郊外住宅地・近鉄下田駅、JR香芝駅周辺 「住みたい」と「住み続けたい」を実感できるまちづくり
葛城市 南阪奈道路 葛城IC周辺  道の駅を核としたまちづくり
~眺めの良いレストランがあるまちづくり~
宇陀市 近鉄榛原駅周辺 宇陀の玄関口である近鉄榛原駅の交通ターミナル機能向上を核としたまちづくり

※各市の概要・主な検討項目の詳細一覧はこちら(平成22年 7月28日)

※各市の進捗状況・今後の取組予定一覧はこちら(平成23年11月30日)

  

各市の取り組み状況、お知らせ等について 

大和高田市

大和郡山市

天理・桜井市

桜井市

五條市

香芝市

葛城市

宇陀市

※随時更新していきます