コマドリ
ヒナを拾わないで(ヒナを拾うのは誘拐です!)

○落ちている野鳥ヒナを見かけたら
 落ちているヒナを見かけたときは拾わないでください。親はすぐ近くで見ています。たとえ親から離れ、ひとりぼ  
 っちでいても決して「迷子」ではありません。
 かわいそうだからといって連れて帰らないでください。そのままにして、すぐにその場を立ち去りましょう。
 餌を取りに行った親をじっと待っていたり、親が遠くから見守る中、飛ぶ練習をしていたところかもしれません。
 親の姿が近くになくても、親は近くにいます。人の姿が見えなくなると、ヒナや幼獣のもとへ戻って世話をしま  
 す。人がそばにいると、かえって親はヒナや幼獣に近づけません。 そのような状況の中、ヒナや幼獣を保護す  
 ることは、親元から彼らを無理矢理引き離すいわゆる「誘拐救護」にあたります。

○ヒナを育てることはできないの?
 人がヒナを自然の中で自立していけるように育てることは、とても難しいことです。
 ヒナは食欲が旺盛ですので、親鳥が行うように10分に1回程度の給餌(強制給餌の場合が多い)が必要です。 
 (スズメがヒナのためにエサを運ぶ回数は、巣立つまでの約2週間でなんと4000回!)
 またヒナは、巣立った後のわずかな期間で、親鳥から自然の中で生きていくためのいろいろなこと(何が食物で、何が危険か)を学びます。親鳥に育てられることがヒナにとって一番の幸せです。

○ネコやカラスに食べられないの?
 ネコやカラスに食べられないか心配、ネコが近くにいて心配だというときは、近くの木の枝先などネコが近づけない所に、カップ麺などの空き容器に入れて置いておきましょう。親鳥はヒナの声に気付き、エサを与えることでしょう。

 
 ヒナを拾わないで!ポスター ヒナを拾うのは誘拐です

野鳥を許可無く捕まえたり、飼養するとこは鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律により禁止されています。