各種調査結果(ガンカモ調査、有害鳥獣アンケート調査など)

ガン・カモ類生息調査

 ガン・カモ・ハクチョウなどのガンカモ科鳥類の冬期生息状況を把握し、鳥獣保護行政の基礎資料とするため、毎年1月中旬に全国一斉に実施されているものです。

  ◆最近の調査結果はこちら → ガン・カモ類生息調査

有害鳥獣アンケート調査

   近年農林業被害が拡大している動物の被害状況や目撃情報等を問合わせるアンケートを実施し、有害獣の捕獲数増加のための支援事業や、狩猟期間の延期等の、県の被害対策施策の実施・継続等を検討するための重要な資料としています。

  ◆最近の調査結果はこちら → 有害鳥獣アンケート調査

堅果類豊凶調査

 奈良県では、ツキノワグマの出没予測に役立てるため、その餌となる堅果(ドングリ)類の豊凶調査を行っています。

  ◆最近の調査結果はこちら →  2019年度堅果類豊凶調査の結果について(pdf 198KB)

 ツキノワグマの出没についてはこちらもご参照ください。

 → ツキノワグマの目撃情報に伴う注意喚起について

 

カモタヌキ