県内の市町村で実施されているがん検診について、精度管理調査を実施し、奈良県がん予防対策推進委員会での審議を経て、調査結果がまとまりましたので、その概要を公表します。


【がん検診精度管理調査の趣旨】
 がん検診の質の確保を図ることは極めて重要であり、それにより早期のがんを可能な限り多く発見し、同時に不必要な精密検査を減らすことができます。がん検診の精度の向上を図ることを目的とします。


【調査対象】
 (1)市町村
 (2)市町村が委託している一次検診(集団検診)実施機関    


【調査対象年度】
 平成22年度実施分
  平成23年度実施分

【調査項目、評価の基準・方法】
 厚生労働省が設置した「がん検診事業の評価に関する委員会」において検討され、平成20年3月にまとめられた「今後の我が国におけるがん検診事業評価の在り方について 報告書(外部サイトPDFファイル 1.2Mb)」外部サイト によるチェックリストに基づくものです。
 奈良県市町村がん検診精度管理調査管理要領(PDFファイル835Kb)に定めた評価基準に基づき評価を行い、奈良県がん予防対策推進委員会の審議を経ます。



◆市町村の評価に関して◆

【調査項目】
(1)検診対象者(2)受診者の情報管理(3)要精検率の把握(4)精検受診の有無の把握と受診勧奨(5)精密検査結果の把握(6)検診機関の委託に関する内容の36~37項目を調査対象としています。

【評価方法】
 市町村から提出のあった調査項目への回答に基づいて、次の方法で評価しています。
A・・・「基準」をすべて満たしている
B・・・「基準」を一部満たしていない(1~4項目満たしていない)
C・・・「基準」を相当程度満たしていない(5~8項目満たしていない)
D・・・「基準」から極めて大きく逸脱している(9項目以上満たしていない)
E・・・ 回答がない

【評価結果】
 *平成23年度の市町村別の評価(平成22年度検診実施分)は、こちら(PDFファイル73Kb)をご覧ください。
 *平成24年度の市町村別の評価(平成23年度検診実施分)は、こちら(pdf 70KB)をご覧下さい。


◆検診実施機関(市町村が委託する一次検診(集団検診)実施機関)の評価に関して◆

【調査項目】
(1)検査の精度管理(2)システムとしての精度管理(3)事業評価に関する検討(4)がん検診の集計・報告に関する内容の16~24項目を調査対象としています。

【評価方法】
 対象となる検診実施機関から提出のあった評価項目への回答に基づいて、次の方法で評価しています。
A・・・「基準」をすべて満たしている
B・・・「基準」を一部満たしていない(1~4項目満たしていない)
C・・・「基準」を相当程度満たしていない(5~9項目満たしていない)
D・・・「基準」から極めて大きく逸脱している(10項目以上満たしていない)
E・・・ 回答がない
 *平成23年度の各検診実施機関の評価は、こちら(PDFファイル68Kb)をご覧ください。
 *平成24年度の各検診実施機関の評価は、こちら(pdf 66KB)をご覧ください。

※奈良県がん予防対策推進委員会
「がんの予防」及び「がんの早期発見」にかかる対策のあり方について検討すること、並びに、がん検診の実施状況や精度管理の状況を把握・評価し、市町村及び検診実施機関に対し、専門的な見地から適切な指導を行うとともに、検診に従事するものの資質向上を図り、がん検診が効果的かつ効率的に実施されることを目的として設置した委員会。