奈良県景観資産―奈良盆地が眺望できる大美和の杜展望台―

奈良盆地が眺望できる大美和の杜展望台

(奈良盆地への眺望)

 

010-2

(桜の季節・奈良盆地への眺望 2019年4月9日撮影)

   

010-3

(桜の季節・三輪山への眺望 2019年4月9日撮影)


景観資産トップページへ戻る


番号 010A2011
種別 眺望地点
所在地 桜井市三輪
近景
中景 大和三山・大神神社大鳥居
遠景 金剛山・奈良盆地
登録テーマ 四神八景・青龍
解説 日本で最も古い神社として崇敬されている大神神社にある展望台です。東に神体山である三輪山、西は大和盆地が一望できる景勝の地です。大和三山、二上山、葛城山、金剛山、多武峰、生駒山まで望め、古代の風景を目の当たりに見るようです。ここで万葉集の三山歌や額田王の歌を思い出すのもよいでしょう。古代の歴史を語る場としてふさわしい風景です。

現地へのアクセス

自動車(周辺駐車場の有無)

大神神社 無料駐車場

自転車(周辺の自転車道)

奈良まほろばサイク∞リング
C1上ツ道コース

徒歩(公共交通機関を利用)

・JR三輪駅下車 徒歩5分                                                 
・桜井駅(JR、近鉄)よりバスで三輪明神参道口下車 徒歩10分



より大きな地図で 奈良県景観資産 奈良盆地が眺望できる大美和の杜展望台 を表示

○Google ストリートビューで現地への訪問を体験してみる
*スマートフォンでの閲覧時に、端末の動きに合わせて画像が動くのを防ぎたい場合
    →ストリートビュー右端のアイコンより、「ジャイロビュー」をオフにしてください。

注)
掲載写真に一番近い画像が表示される座標を設定しています。
掲載写真とストリートビューの撮影方法の違い等により、上で掲載しているGoogle マップの座標と若干異なる場合があります。
    

山の辺の道をGoogle ストリートビューで体験する

picture

奈良県では2017年11月、2018年3~4月、2018年9月の3回の撮影を通じ、山の辺の道(石上神宮~大神神社付近)のGoogle ストリートビューを撮影しました。山の辺の道の見所を、Google ストリートビューで体験してみましょう。

詳しくはコチラ

「奈良県景観資産」に関するお問い合わせ先

奈良県庁景観・自然環境課
景観・屋外広告係

TEL:0742-27-8752(ダイヤルイン)
FAX:0742-22-8276