平成31年度 奈良の木を使用した住宅への助成制度

 奈良の木を使った住宅の新築・増改築・リフォームをお考えのみなさま
  奈良県では、奈良県産材の利用拡大を図るため、奈良県地域認証材又は奈良県産材を使用した住宅

(新築、増築、改築又はリフォーム)に対して助成します。

 

※奈良県 地域認証材使用受託助成事業は、予算額に達したため、 交付申請受付を終了いたしました

※奈良県産材使用住宅助成事業は、引き続き、交付申請受付を行っております。

 

***************************************************************************

                                 令和元年6月14日13時時点 交付申請受付状況

事業名  申請受付件数    予算残額   
 ①奈良県地域認証材使用住宅助成事業       89件       終了
②奈良県産材使用住宅助成事業 36件

 あり

※①及び②は別事業であり、それぞれ予算額に達した時点で受付を締め切ります。

※あくまでも申請受付時点での状況であり、交付決定等の状況により変動することがあります。

***************************************************************************

***************************************************************************

                                    4月12日(金)に実施した住宅助成説明会において、

              質問があった内容について、回答を掲載します。                

              ◇住宅助成説明会Q&A 住宅助成説明会Q&A

***************************************************************************

【チラシ】

 平成31年度 奈良の木を使用した住宅への助成制度のご案内  平成31年度チラシ

 

【交付申請の受付期間】
  平成31年4月16日(火)~ 令和2年2月19日(水) 【必着】

【受付窓口・受付時間】

   (1)受付窓口 : 奈良県木材協同組合連合会へ持参、または郵送してください。
         ※郵送の場合は、簡易書留等受け渡しが確実な方法とし、提出期日までに
            必着するようにお願いします。

                         ※申請書類等の書き方や制度の内容についての問合せも受け付けています。

   (2)受付時間 : 募集期間(平日)の午前9時~正午、午後1時~午後4時
          (土曜日・日曜日・祝日は受付できません)

 

          ■奈良県木材協同組合連合会
      〒634-0804 奈良県橿原市内膳町5-5-9
                   電話番号 0744-22-6281   FAX番号 0744-24-4587

【助成の内容】
  (1)補助金額
    (1)奈良県地域認証材使用住宅助成事業
     ・奈良県内外で、奈良県地域認証材を使用した住宅工事を行う場合に助成

     ・構造材と内装材の両方を使用する場合、最高25万円を助成

           (認証材使用量)   (補助金額)   
        《構造材》  5㎥以上      15万円

          《内装材》 20㎡ 以上      10万円


    (2)奈良県産材使用住宅助成事業
      ・奈良県内外で、奈良県産材を使用した住宅工事を行う場合に助成

      ・構造材と内装材の両方を使用する場合、最高15万円を助成

            (県産材使用量)   (補助金額)   
          《構造材》   5㎥以上      10万円
          《内装材》  20㎡ 以上        5万円

  (2)補助対象者
    (1)地域認証材又は県産材を使用し、持家住宅(個人が自らの居住の用に供するために
       自ら所有する住宅)の新築、増築、改築又はリフォームを行う所有者

    (2)地域認証材又は県産材を使用し、分譲住宅の新築を行う事業者

 

  (3)補助対象住宅
     一戸建ての住宅・共同住宅等  ※賃貸住宅・モデルハウスは対象外

 

【留意事項】

  (1)構造材について補助金を申請する場合は、上棟予定日の20日前までに
    内装材について補助金を申請する場合は、工事完了予定日の20日前までに
    補助金の交付申請書類を提出していただく必要があります。

    ※構造材と内装材の両方を申請する場合は、上棟予定日の20日前までに、構造材と
     内装材の両方を同時に交付申請してください
交付申請は1戸につき1回です)。


  (2)実績報告時に提出が必要となる「第8号様式(奈良県地域認証材証明書)」および
   「第9号様式(奈良県産材証明書)」は、認定事業者(※)による証明が必要です。

            ※ 奈良県地域認証材 の場合・・・奈良県地域認証材認証登録業者
      奈良県産材 の場合・・・・・・奈良県産材取扱事業者

  (3)実績報告書を工事完了後10日以内かつ令和2年3月12日までに提出(※必着)

    していただく必要があります。

 

    その他、制度の概要や補助要件等について、
    詳しくは下記の「補助金交付要綱」及び「募集要項」等をご確認ください。


    提出書類は「正副2部」必要です。(交付請求書のみ1部)

  募集要項 募集要項 

    Q&A      補助金交付要綱
    補助金交付要綱   補助金交付要綱

 

  様式等
    様式記入上の注意 補助金交付要綱 
    

      (1) 交付申請

     ○申請書類確認書(提出書類のチェックシート)   申請書類確認書(提出書類のチェックシート)


       ○ 補助金交付申請書(第1号様式)【第1面】補助金交付申請書(第1号様式)【第1面】 【第2面】補助金交付申請書(第1号様式)【第2面】  
                (第1面、第2面の両方を提出してください。)

 

     ○ 認証材構造材使用(予定)内訳書(第2号様式)  認証材構造材私用(予定)内訳書(第2号様式)

             ○ 認証材内装材使用(予定)内訳書(第3号様式)  認証材内装材使用(予定)内訳書(第3号様式)

     ○ 県産材構造材使用(予定)内訳書(第4号様式)    県産材構造材使用(予定)内訳書(第4号様式)

     ○ 県産材内装材使用(予定)内訳書(第5号様式)    県産材内装材使用(予定)内訳書(第5号様式)

       ○ 同意書(第6号様式)              同意書(第6号様式)

       ○ 事務委任状(第7号様式)            業務委任状(第7号様式)

 
     (2)実績報告
     ○ 実績報告書類確認書(提出書類のチェックシート) 実績報告書類確認書


     ○ 完了実績報告書(第10号様式)【第1面】完了実績報告書 【第2面】補助金交付申請書
      (第1面、第2面の両方を提出してください。)


     ○ 認証材構造材使用内訳書(第2号様式) 認証材構造材内訳書


     ○ 認証材内装材使用内訳書(第3号様式) 認証材内装材使用内訳書


     ○ 県産材構造材使用内訳書(第4号様式) 県産材構造材内訳書


     ○ 県産材内装材使用内訳書(第5号様式) 県産材構造材内訳書


     ○ 木材・木製品の合法性・持続可能性証明書(奈良県地域認証材証明書)(第8号様式)認証材証明書


     ○ 木材・木製品の合法性・持続可能性証明書(奈良県産材証明書)(第9号様式)   認証材証明書

     ○ 工事完了証明書(第11号様式) 工事完了証明書 

     (3)請求
     ○ 補助金交付請求書(第12号様式)請求書
    
     4)  変更

     ○ 変更交付申請書(第13号様式) 請求書


     (5)辞退
     ○ 利用辞退届(第14号様式)   利用辞退届

     (6)その他
     ○ アンケート 県産材構造材内訳書

【参考】県内市町村における助成制度のご紹介

 市長村名  事業名(※リンク)  助成限度額
 桜井市    桜井市内製材木等利用促進事業奨励金制度  20万円
 宇陀市    宇陀市産木材利用促進事業

 市内建物10万円

市外建物 5万円

 大淀町        大淀町住宅リフォーム工事助成事業  20万円

 

 ※補助要件や対象住宅など、事業の詳細については必ず各市町村へお問い合わせ下さい。

 ※上記は県内市町村が実施する全ての助成事業を網羅しているわけではありません。

 

[国や他の地方公共団体の助成制度との併用について]

「平成31年度 奈良の木を使用した住宅への助成制度」は、他の補助金との併用が可能です。

ただし、国や他の地方公共団体の制度が併用を認めない場合がありますので、申請者が各自で併用の可否をご確認下さい。