内容・モデル校


授業の様子 授業の様子
 
奈良県うだ・アニマルパークでは、動物を通していのちの大切さを学ぶ「動物愛護教育」
を行ってきました。そこから、自分を含めたあらゆる「いのち」を大切にし、共感する心
を育む「いのちの教育〜ヒューメインエデュケーション」として、新たな一歩を踏み出し
ています。この「いのちの教育プログラム」を学校教育の一環として体験してき、継続的
にその効果を相互に確認し合えるモデル校を募集しています。
  

  拡大版は画像をクリック↓
 

・モデル校では各学校ごとに実施プログラムを策定します。

・学習媒体の詳細については「いのちの教育プログラム」 ツールの紹介ページ
 をご覧下さい。
            
 モデル校での「いのちの教育プログラム」活用例   拡大版は画像をクリック↓
モデル校活用例


              実践事例紹介       



 ■皆さんこんにちは、いのちの教育のスタッフです。
スタッフ通信
では、プログラム実際の子やスタッフの日常などを紹介します。
  
 2016年2月○日

出前授業で2年生と勉強しました。   

自分たちが動物にできることをホワイトボードいっぱいに書きました。

 学習している様子
  2015年10月△日

10月は遠足で園内は毎日幼児や児童でいっぱいです。

そんな中、遠足で訪れた1年生の元気いっぱいな子どもたちと勉強しました。   

 
授業風景


   2015年6月□日

うだ・アニマルパークで2年生と勉強しました。   

はりこの動物をみんなで動かした後、自分の意見を発表しました。元気いっぱい手を挙げてくれています!
 

 授業風景