花いっぱい植え替え活動(令和元年6月19日)


花いっぱい推進事業とは、花いっぱいの奈良県づくりの推進の一環として彩り豊かな環境を創造するため、公共施設での景観に配慮した花と緑を育てることへの意識醸成、活動の定着及び発展を目的とした事業です。
花いっぱい推進事業の一環で郡山総合庁舎前でも多数の人が容易に鑑賞できるようにたくさんの花を植えています。

   
   

 
   

 植え替えの様子                 植え替え完了

河川清掃活動(平成30年11月18日)

 古くは多くの和歌にも詠われ、地域の人々に親しまれてきた竜田川に清流を取り戻し、子供たちが裸足で入れる川づくりを目指すべく、地域住民および関係団体等の参加・協力のもと、公民連携による竜田川クリーンアップキャンペーンの実施を通じて、地域の連帯感を高め、河川の環境美化及び環境保全意識の高揚を図ることを目的として、平群町と「竜田川まほろば遊歩道」整備構想推進協議会が主催となって毎年実施されており、郡山土木事務所も参加しています。

今年は約100名の参加のもと、1118日(日)に竜田川の西宮地区を中心に河川清掃活動が実施されました。  

 

開会式

 

清掃作業

堤防のゴミを集めている様子

清掃後の竜田川

ゴミがなくなり、きれいになりました。


   

 工事現場安全パトロール(平成30年2月8日)

工事に伴う事故に対する安全対策の推進、安全意識の高揚を目的として、一般社団法人郡山建設業協会が例年実施する郡山地区安全パトロールに、奈良労働基準監督署合同で参加しています。
 今年度は、平成30年2月8日(木)に実施いたしました。今回のパトロールでは郡山土木事務所の監督職員のほか、若手職員も参加して、蟹川護岸工事及び地蔵院川護岸工事の2現場を巡回し、その後に奈良労働基準監督署による講評を頂き、その後安全管理について、建設業における労働災害の特徴労働災害を撲滅するための方策安全意識の高揚などについて講演していただきました。
  今後も第三者災害ゼロ、労働災害ゼロを目指して安全に対する取組に留意していきたいと思います。


○蟹川護岸工事


          ↓

○地蔵院川護岸工事


          ↓

○講評・講義のようす
 
工事現場安全パトロール