建設工事等発注基準について

■ 令 和 2 年 度 の 入 札 執 行 方 法 

 

  ○令和2年6月1日から令和3年5月31日の間に公告又は指名通知を行う工事等について適用する。

 

 ○入札制度について

 ・予定価格7億円以上の工事については、入札ボンド制度を適用する。

 ・予定価格、最低制限価格及び低入札価格調査基準価格は事前公表とする。

 ・土木一式工事においては、B等級及びC等級で一部総合評価落札方式を試行する。

 ・土木工事等において、付帯工事として舗装工事の金額が1千万円以上ある場合は、

  1級又は2級舗装施工管理技術者の配置を要件とする場合がある(公告に記載)。

 

 ○土木施設除草業務について

 ・設計金額5百万円未満の業務について、管内15者以上の指名競争入札で行う。

 ・最低制限価格を適用する。

 

 ○その他

 ・高度な技術を必要とする特殊な工事については、別に定める。

 ・入札参加資格等については発注基準を基本とするが、同基準で発注した場合に、資格登録業種ごとの

登録者数が少なく競争性が確保できない等特別な事情がある場合については、各部局ごとに設置されて

いる「入札参加資格等審査会」で、個別案件ごとに設定するものとする。

 

 ○総合評価落札方式について

 ・総合評価落札方式の型式については発注基準を基本とするが、工事の特性(技術的な工夫の余地)に

  応じて変更する場合がある。

総合評価落札方式を適用する入札については、資格登録業種ごとの発注基準に関わらず、

  全て低入札価格調査制度を採用する。

    

■ 建設工事発注基準

    建設工事発注基準(土木、建築、舗装、設備、造園)
      道路標識等発注基準 
        看板等発注基準 
          地域保全事業における地域要件の導入
    土木施設除草業務



■ 建設コンサルタント等発注基準

    建設コンサルタント発注基準  別表2
    建築設計発注基準
    測量発注基準    
    地質調査発注基準