奈良県薬業史 通史

 
目次        
         
         
第一章 大和売薬の歴史的基礎        
  1 古代の医薬      
  2 民間薬の普及      
         
第二章 大和売薬の成立と展開         
  1 近世の医薬と大和の売薬        
  2 薬種生産        
  3 売薬業の展開と配置売業        
         
第三章 明治維新と大和売薬         
  1 政府の薬業政策        
  2 売薬の需要        
         
第四章 大和売薬の近代化         
  1 売薬行政とその思想        
  2 売薬課税の推移        
  3 売薬生産の発展        
  4 生産・販売の機構とその変化        
  5 大和売薬の同業組織        
         
第五章 恐慌から戦時下への大和売薬         
  1 昭和恐慌下の大和売薬        
  2 恐慌からの脱出策        
  3 戦時体制期の大和売薬        
  4 大和売薬の販路拡大と全購連売薬        
  5 売薬の経済統制        
  6 海外売薬の消長        
         
第六章 戦時下の大和売薬        
  1 企業整備        
  2 売薬営業整備委員会の発足        
  3 整備計画進展せず        
  4 新会社設立準備        
  5 設立された新企業体        
  6 統制廃止の動き        
         
第七章 第二次世界大戦後の薬業         
  1 戦後の再出発        
  2 成長時代の薬業        
  3 建設時代の薬業        
  4 新時代への薬業        
  5 奈良の薬業教育        
  6 産地診断と調査報告        
         
         
・戦後の奈良県配置薬関係文献        
・奈良県薬業略年表        
・あとがき