■延滞金とは
  納期ごとの納めるべき税額が、納期限までに完納されない場合には、納期限内に納付した方との公平性を保つため、納期限の翌日から完納の日までの日数に応じて、以下の割合で計算した額の延滞金を本税に加算して納付することになります。
※延滞金の計算の基礎となる税額に1,000円未満の端数があるときはその全額を切り捨て、また、税額の全額が2,000円未満であるときは、延滞金は生じません。
    
■延滞金の割合
  【本則】
 年14.6%
 納期限の翌日から1ヵ月を経過する日までの期間については年7.3%
 ※各年の特例基準割合が年7.3%に満たない場合は、以下の【特例】を適用。

【特例】
 特例基準割合に年7.3%を加算した割合とします。
 納期限の翌日から1ヵ月を経過する日までの期間については、特例基準割合に年1%を加算した割合。
    
■特例基準割合について
   

平成12年1月1日から平成25年12月31日まで

 平成26年1月1日以降

 前年の11月30日を経過する時における商業手形の基準割引率(従来のいわゆる公定歩合)に年4%を加算した割合 各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利を基準に、各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に年1%の割合を加算した割合 
※平成27年・平成28年中の特例基準割合は1.8%です。
※平成29年中の特例基準割合は1.7%です。

(注)法人県民税・法人事業税の確定申告の期限について延長の承認を受けた期間内の延滞金の率は、特例基準割合となります。
 
    
■延滞金割合比較表
   

 

 本則

特例措置

平成22年1月1日~平成25年12月31日

平成26年1月1日~平成26年12月31日

平成27年1月1日~平成28年12月31日

平成29年1月1日~平成29年12月31日

延滞金 

14.6%

特例基
準割合
+7.3%

14.6%

9.2%

9.1%

9.0%

 納期限後
1ヵ月以内

 7.3%

特例基
準割合
+1.0%

4.3%

2.9%

2.8%

2.7%

    

■還付加算金とは
  還付加算金は、過誤納金を還付または充当するときに、過誤納の事由によって定められた日から支払決定日または充当した日までの日数に応じて、以下の割合により計算された金額を、過誤納金に加算してお支払いするものです。
    
■還付加算金の割合
  【本則】
 7.3%
 ※各年の特例基準割合が年7.3%に満たない場合は、以下の【特例】を適用。

【特例】
 特例基準割合とします。
 ※平成27年・平成28年中の特例基準割合は1.8%です。
 ※平成29年中の特例基準割合は1.7%です。
    
■還付加算金割合比較表
   

 

 本則

特例措置

 平成22年1月1日~平成25年12月31日

平成26年1月1日~平成26年12月31日

平成27年1月1日~平成28年12月31日

平成29年1月1日~平成29年12月31日

還付加算金 

7.3%

特例基準割合

4.3%

1.9%

1.8%

1.7%

     

お問い合わせ

税務課
〒 630-8501奈良市登大路町30
税制企画係TEL : 0742-27-8363
管理係TEL : 0742-27-8364
徴収対策係TEL : 0742-27-8365
課税係TEL : 0742-27-8853