三輪そうめんの天日干しの画像1(2016年2月3日撮影)

    

三輪そうめんの天日干しの画像2(2016年2月3日撮影) 

番号  125A2015
種別 眺望地点 
所在地 桜井市三輪
登録テーマ 営み・なりわいの景観
サブテーマ 地場産業の景観
解説 三輪の手延べそうめんの歴史は平安時代から始まるともいわれており、お伊勢参りの人々により全国に広まったそうです。
そうめんづくりは厳寒期におこなわれ、冬の冷たく乾いた風と天日によりじっくりと乾燥させます。近年は室内乾燥がほとんどですが、一部の製麺所は今でも天日干しをおこなっています。
工場の壁の色と三輪そうめんの明るい色のコントラストが見事で、初瀬川の水面に映る姿も格別です。

自動車(周辺駐車場の有無)  大神神社駐車場 無料
自転車(周辺の自転車道) C-1 上ッ道ルート
徒歩(公共交通機関を利用)  JR三輪駅より約0.5km
歩くなら(周辺のハイキングコース)

無し



大きな地図で三輪そうめんの天日干しを見る

「奈良県景観資産」に関するお問い合わせ先

奈良県庁景観・自然環境課
景観・屋外広告係

TEL:0742-27-8752(ダイヤルイン)
FAX:0742-22-8276