奈良県保育士キャリア認定制度について

奈良県保育士キャリア認定制度について

1.現状と課題
 平成25年度に行った「奈良県保育士実態調査」においても、県内の約7割の施設において、保育士の確保が困難であると回答しており、保育ニーズが高まる中で、保育士等子育て人材の確保が喫緊の課題となっている。

2.目的
 保育士が自らキャリアパスの構築に取り組むことを通じて、自らの目標・理想像を明確にし、仕事に対するモチベーションを向上させることで、保育士の定着促進を図る。

3.取組内容
(1)キャリア認定制度の創設
 保育士自らによるキャリアパス構築の支援のため、実務経験や研修受講を要件に、保育士のキャリアを認定する制度(認定保育士)を創設する。

(2)体系化された研修の実施
 キャリア認定制度の創設に伴い、県内で行われる保育の各分野の研修について体系化を行い、県と各保育団体が協働して、計画的に実施する。

イメージ図

  保育人材バンク