まほろばうた広場
お題
『奈良の柿』
(写真は富有柿)
 奈良県は柿の生産量が全国2位です。秋にはおいしい柿が店頭に並びます。柿の葉寿司も県の特産品として有名です。
おみごと!
柿の葉の 香さやかに 移りいて しみじみ旨し 鯖の押し鮨
清見 裕子(やすこ)さん/70代・主婦・平群町
【選評】鯖の押し鮨に旨みを加味した柿の葉の香が伝わってくるようです。
おみごと!
柿食べて 飢えをしのいだ 戦時下を 皮を剥きつつ 語る我が母
匿名希望さん
【選評】戦時下の母の体験。戦後生まれの子もともに平和の重みを受け止めている。
おいしいね オレンジ色の 頬つたう 柿の雫と 娘の笑顔
西山 麻紀子さん/30代・主婦・奈良市
柿色に 日の染まり行く 二上山(ふたかみ)の 空に一筋 飛行機雲や
堺 薫さん/60代・香芝市
夜なべする 土間のむしろに 奈良の柿 明日への出荷に 一家で選別
宮髙 ひろえさん/60代・主婦・橿原市
色づきし 柿の色無く ただ黒し 切ればあめ色 柿の奈良漬け
山本 昌代さん/70代・会社員・田原本町
五條市の 友より届く パッケージ 解けば茜の 富有柿が笑む
井本 和幸(やすゆき)さん/80代・河合町
多数のご応募ありがとうございました。
【応募総数 84首】今回の選者 現代歌人協会の筒井早苗さん
«3月の募集»
写真をお題として設定し、奈良らしい短歌を募集。皆さんから寄せられた短歌の中から、7作品を選定し、本誌に掲載します。特に「おみごと!」な作品には、「な~らちゃんタンブラー」をプレゼント。
な~らちゃんタンブラー
3月号のお題
『霧氷』
冬の山々では氷の芸術といえる霧氷が見られます。
写真:奈良県景観資産
「高見山地が眺望できる高見山山頂展望台」(東吉野村)
«募集ルール»
◆原則5・7・5・7・7の31文字
◆文語・口語を問いません
◆応募数は1人につき1作品
◆未発表のオリジナル作品
郵送かFAX、HPから短歌作品・住所・氏名(ふりがな)・年齢・職業か学年・電話番号を下記へ。発表の際、匿名を希望される人は、その旨明記。1月20日必着。
県広報広聴課奈良県
TEL 0742・27・8326
FAX 0742・22・6904
URL www.pref.nara.jp/1623.htm
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら