1.自分の農地を転用するには

 農地(採草放牧地)を住宅、工場、店舗や道路等農地(採草放牧地)以外のものにすることを農地転用といいます。また、農地の形質に変更を加えない場合でも、駐車場や資材置場など農地を耕作の目的に供さない状態にする場合も農地転用に該当します。
 所有している農地を自ら農地以外のものにする場合は、農地法第4条に基づく許可が必要になります(所有している採草放牧地を自ら転用する場合は、農地法第4条に基づく許可は必要ありません)。
 なお、市街化区域内の農地を転用する場合は、農業委員会にあらかじめ届出を行えば許可は不要です。

2.趣旨

 農地転用許可制度は、優良農地の確保と計画的土地利用の推進を図ることを目的としています。

3.申請手続き

 農地の所在する市町村の農業委員会を窓口として、県知事に申請します。  
 各市町村農業委員会の受付締切日等
 農地転用手続き

4.許可権者

 奈良県知事

5.許可基準

 許可基準には、立地基準と一般基準があります。
 立地基準(農用地区域内農地、甲種農地、第1種農地、第2種農地、第3種農地)の別により、許可方針が定められています。
○農用地区域内農地→ 原則不許可(例外あり)
○甲種農地      →原則不許可(例外あり)
○第1種農地    →原則不許可(例外あり)
○第2種農地    →代替性が無い場合に許可
○第3種農地    →原則許可

一般基準では、
・転用事業実施の確実性が認めらること
・周辺農地への被害防除措置が適切であること
・一時転用の場合に農地への原状回復が確実と認められること
等に該当する必要があります。

6.主な提出書類

○許可申請書
○法人の場合は法人の登記事項証明書及び定款又は寄付行為の写し
○土地の位置を示す地図(公図・位置図)及び土地の登記事項証明書
○建物、施設、道路、用排水施設等の位置を明らかにした図面(土地利用計画図等)
○資力及び信用があることを証する書類
○農地を転用する行為の妨げとなる権利を有する者がある場合には同意書
○申請に係る農地が土地改良区の地区内にある場合には、当該土地改良区の意見書
○転用目的の事業、施設の概要、工事計画等
○転用に伴う他法令の許認可等の見込み
○一時転用の場合、農地復元後の営農計画書
○その他参考となるべき書類

※農家住宅等に転用する場合は、農家判定書が必要になります。

7.転用許可後の転用事業の進捗状況報告及び完了報告

 許可を受けた申請人は、許可に付された条件に従って工事が完了するまでの間、工事進捗状況報告書を提出する必要があります。 
 また、許可に係る工事が完了したときは、遅滞なく工事完了報告書を提出する必要があります。
 完了前に当初許可の内容を変更される場合は、事業計画変更手続きが必要になります。