はじめての万葉集


はじめての万葉集
吾妹子(わぎもこ)が 額(ひたひ)に生(お)ふる 双六(すぐろく)の
牡牛(ことひのうし)の 鞍(くら)の上の瘡(かさ)
安倍子祖父(あべのこおおじ)
巻十六 三八三八番歌
【訳】吾妹子の額に生えた双六の強力(ごうりき)牛の鞍の上の腫(は)れ物よ。
ナンセンスな歌
 今回の歌には「牡牛」(オスの牛)が詠まれています。牛は、古代では農耕や運搬に重用された身近な動物でしたが、意外にも、『万葉集』では牛そのものを詠んだ歌は三首しかありません。今回はその中の変わった一首をご紹介します。
 『万葉集』はまじめな歌ばかりで難しい! と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご安心ください。今回の歌は、歌の意味を理解する必要はありません。この歌には「心の著く所無き歌」という題がついています。これは「意味の無い歌」という意味です。この歌は、舎人(とねり)親王(天武天皇の皇子)が従者たちに、「意味の無い歌を作る者がいたら褒美を出そう」といい、安倍子祖父(あべのこおおじ)がすぐにこの歌を献上し、賞品として銭二千文(もん)などを与えられたと伝えられています。当時としてはかなり高額だったようです。子祖父はこの時に「わが背子が犢鼻(たふさき)にする円石(つぶれし)の吉野の山に氷魚(ひを)そさがれる」(三八三九番歌)という歌も詠んでいます。わが夫が褌(ふんどし)にする丸い石の吉野の山に氷魚がぶら下がっている…。今回の歌と同じく、わかるようでわからない、頭の中をかき回されたような気持ちになる歌です。
 人間が言葉で何かを表現しようとする時に、意味を持たせないようにするというのはなかなか難しいものです。それでいて、五七五七七の音数に合わせてきちんと言葉があてはめられているので、歌として成立しているように聞こえてしまいます。この絶妙なあんばいが、舎人親王や周りの従者たちの高評価を獲得したものと想像されます。古代の一風変わった歌大会の一幕だったのかもしれませんね。
(本文 万葉文化館 大谷 歩)
写真
5月号P8本文3段目の巻十一・二三六四番歌の「来ぬ」は「来ね」の誤りでした。お詫びして訂正します。
万葉ちゃんのつぶやき
県営うだ・アニマルパーク
ポニー乗馬体験にヤギ・羊のえさやり体験、牛の乳しぼり体験など、子どもたちが大喜びの体験がいっぱいです。動物たちと楽しく遊んで、ふれあって、いのちの大切さを学べます。6月・7月のイベント情報はこちらへ。

県営うだ・アニマルパーク
TEL
0745-87-2520
宇陀市大宇陀小附75-1
月曜(祝日の場合は翌平日)
URL
www.pref.nara.jp/1839.htm
県広報広聴課
TEL
0742-27-8326
FAX
0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら