まほろばうた広場


まほろばうた広場
お題
『あゆ』
奈良県全漁獲量の約50%を占める県を代表する魚です。県のさかなにも選定されています。
おみごと!
祖父よりも 多く釣りしと 笑む祖母の 魚籠に跳ねたる 鮎の輝き
中村 一美さん/40代・三郷町
【選評】鮎釣りの成果の喜びを反映した下の句が効果的で良い。
おみごと!
清流を 泳ぐ姿で 焼かれたる 鮎美しき 鮎香ばしき
藤本 京子さん/60代・三郷町
【選評】魚形も味覚も上々と鮎を称賛する気持の伝わる作。
若鮎の 背なに塩打つ 傍らに 子ら居て祖母居て 母が居た
米澤 ★子さん/70代・下市町
★=
若鮎は 命の声に 促され 只一筋に 川さかのぼる
原 正憲さん/60代・桜井市
水清き 流れに躍る 若鮎の 銀鱗きらめく 深緑の河岸
マイナスイオンさん/斑鳩町
呑み込まれ 吐き出だされて 逃げられぬ 鮎の無念か ほろ苦き味
大杉 洋子さん/70代・奈良市
かぐわしき 川のみ住める あゆの群れ 吉野の岸に 釣人あまた
清見 裕子(やすこ)さん/70代・平群町
多数のご応募ありがとうございました。
【応募総数 67首】 今回の選者 現代歌人協会の筒井早苗さん
«9月号の募集»
写真をお題として設定し奈良らしい短歌を募集。皆さんから寄せられた短歌の中から、7作品を選定し、本誌に掲載します。特に「おみごと!」な作品には、「国文祭・障文祭グッズ」をプレゼント。
奈良マラソンバッジ
9月号のお題
『彼岸花』
彼岸花が咲き乱れる頃、明日香村では彼岸花祭りが行われ、また案山子ロードではユニークな案山子たちが出迎えてくれます。
«募集ルール»
◆原則5・7・5・7・7の31文字
◆文語・口語を問いません
◆応募数は1人につき1作品
◆未発表のオリジナル作品
郵送かFAX、HPから短歌作品・住所・氏名(ふりがな)・年齢・職業か学年・電話番号を下記へ。発表の際、匿名を希望される人は、その旨明記。7月20日必着。
県広報広聴課奈良県
TEL
0742・27・8326
FAX
0742・22・6904
URL
www.pref.nara.jp/1623.htm
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら