輝く水を未来に

イワナ     アユ      アマゴ





浄化センター       第二浄化センター 宇陀川浄化センター 吉野川浄化センター


流域下水道センター

奈良県流域下水道センター

下水道は、河川の汚染原因となる家庭排水や工場排水を道路の下に埋められた下水道管により下水処理場に集め、そこできれいな水に浄化して自然に返します。


下水道が普及すると、各家庭では清潔な水洗トイレが使え生活環境が向上するとともに、雑排水路の蚊や蝿の発生を抑え、病原性微生物による伝染病予防にもなり、河川の環境保全にも役立つことができます。


平成27年度末の県内の下水道普及率は78.9%で、県民の5分の4の方が下水道を利用できる環境となっています。

<奈良県流域下水道センター>
奈良県流域下水道センターは、平成15年4月、それまで別々の組織で行っていた処理施設の建設と維持管理を一体的に行う組織として発足しました。
 平成28年度現在、2課4浄化センター、職員約50名の組織体制で業務を行っています。

<組織図>

        組織図           


<業務年報>

 業務年報のダウンロードはこちらのページからお願いします。


<管内図>
奈良県下水道管内図




 


輝く水を未来に

イワナ     アユ      アマゴ

浄化センター 第二浄化センター
宇陀川浄化センター 吉野川浄化センター


流域下水道センター

 奈良県流域下水道センター

下水道は、河川の汚染原因となる家庭排水や工場排水を道路の下に埋められた下水道管により下水処理場に集め、そこできれいな水に浄化して自然に返します。


下水道が普及すると、各家庭では清潔な水洗トイレが使え生活環境が向上するとともに、雑排水路の蚊や蝿の発生を抑え、病原性微生物による伝染病予防にもなり、河川の環境保全にも役立つことができます。


平成27年度末の県内の下水道普及率は78.9%で、県民の5分の4の方が下水道を利用できる環境となっています。


<奈良県流域下水道センター>
奈良県流域下水道センターは、平成15年4月、それまで別々の組織で行っていた処理施設の建設と維持管理を一体的に行う組織として発足しました。
 平成28年度現在、2課4浄化センター、職員約50名の組織体制で業務を行っています。

<組織図>

        組織図           


<業務年報>

 業務年報のダウンロードはこちらのページからお願いします。


<管内図>
奈良県下水道管内図