はじめての万葉集


はじめての万葉集
夏野(なつの)ゆく 牡鹿(をしか)の角(つの)の 束(つか)の間(ま)も
妹(いも)が心を 忘れて思へや
柿本人麻呂
巻四 五〇二番歌
【訳】 夏の野を行く牡鹿の角のように、ほんのわずかの間も妻の心を忘れることがあろうか。
夏野ゆく牡鹿の角
 空の青と木々の緑にまぶしさを感じる季節になると、なんとなく気持ちが弾むような気がします。そんな季節には、人の心だけでなく野原の草花も勢いを増し、のびのびと生い茂るかのようです。動物たちの動きも活発になります。
 この歌ではまず、夏の草が茂る野原を歩む牡鹿が描かれています。牡鹿に生える角は、毎年生え替わることで知られており、夏の角は生え替わったばかりでとても短いのが特徴です。旧暦でいう「夏」は、現代の季節感からいうと春から初夏にかけての時期に相当します。旧暦五月五日(現在の暦で六月頃)には、鹿の若角を取る薬狩(くすりがり)も行われました。
 その夏の牡鹿の角をたとえに使って、そのように短い時間も愛しい女性の気持ちを忘れることはない、と相手への恋心を表現しています。
 「束の間」は、ごく短い時間という意味です。「束」とは古代の長さの単位のひとつで、一束は手でつかんだほどの長さをいい、片手の人さし指から小指までの指四本分の幅を指します。
 鹿を詠むのは秋の歌が多く、夏の歌は珍しい例です。作者である柿本人麻呂は、後世に歌の聖(ひじり)とも称された有名な歌人です。この歌の主旨は、相手の気持ちを片時も忘れることはない、ということだけなのですが、生え替わったばかりの鹿の角の短さをたとえとして詠み、それを導き出す夏の野を行く鹿という描写を加えたことで、現代の私たちの想像力をもかき立ててくれます。
(本文 万葉文化館 井上さやか)
写真
万葉ちゃんのつぶやき
なつの鹿寄せ
 ナチュラルホルンの音色で鹿を呼び寄せる奈良の風物詩「鹿寄せ」は、明治25(1892)年、鹿園竣工奉告祭でラッパを使って行われたのが始まりです。奈良公園にデビューしたばかりの子鹿たちにも出会えます。
[申込不要・無料]

写真提供:(公社)奈良市観光協会
7月16日~9月24日の毎日曜・祝日、8月12日
9時30分~(15分程度)
(一財)奈良の鹿愛護会
TEL
0742-22-2388
春日大社内飛火野
URL
naradeer.com
アクセス
JR・近鉄奈良駅から奈良交通市内循環バス
「春日大社表参道」下車すぐ
県広報広聴課
TEL
0742-27-8326
FAX
0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら