はじめての万葉集


はじめての万葉集
大口(おほくち)の 真神(まがみ)が原に 降る雪は
いたくな降りそ 家もあらなくに
舎人娘子(とねりのおとめ)
巻八 一六三六番歌
【訳】 大口の真神の原に降る雪はひどく降るな。家もないことだのに。
大口の真神が原
 日本で最後にニホンオオカミが捕獲されたのは、奈良県の東吉野村です。現在の日本では野生のオオカミは姿を消してしまいましたが、古代の人びとはオオカミを神として畏(おそ)れていたようです。今回の歌は、このオオカミにまつわる一首です。
 この歌には、「真神が原」という地名が詠まれています。「真神が原」は、「明日香の 真神が原」(巻二・一九九)とも詠まれており、現在の明日香村にある飛鳥寺や万葉文化館付近の一帯を指す呼称と推定されています。そもそも、古代では恐ろしい動物を神と呼ぶことがあり、この「真神」という言葉はオオカミを指すと考えられています。その「真神」の枕詞である「大口の」は、オオカミの大きな口をイメージさせます。この「真神が原」という呼称は、神であるオオカミが住むような、畏れと神聖さの入り交じった特別な原であったことを意味しているのでしょう。
 今回の歌の作者の舎人娘子は伝未詳の女性です。雪を瑞祥とする万葉歌もある中で、彼女は雪が降らないでほしいとうたっています。「家もあらなくに」という言葉から推測すれば、彼女はどこかへ出かけて行く途中で雪に降られたか、もしくは旅に出た大切な人のために、雪よひどく降るなと詠んだのでしょう。宿る家もない心細さと、オオカミが住まうという「真神が原」を通過する不安が募るように、雪がしんしんと降り積もっていく光景が想像されます。
 古代の人びとの動物や自然に対する思いは、枕詞や地名と深く結びついているのです。
(本文 万葉文化館 大谷 歩)
写真
万葉ちゃんのつぶやき
ニホンオオカミの像
 明治38年に、吉野郡小川村鷲家口(わしかぐち)(現:東吉野村小川地区)で捕らえられたニホンオオカミをモデルとした等身大のブロンズ像。この東吉野村での捕獲が日本最後の記録となり、最後のニホンオオカミは、ロンドンの自然史博物館に標本として所蔵されています。「採集地ニホン・ホンド・ワシカグチ」と記録され、動物学上の貴重な資料として保存されています。
東吉野村教育委員会事務局
TEL
0746-42-0441
県広報広聴課
TEL
0742-27-8326
FAX
0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら