県の文化施設イベント情報
橿原考古学研究所附属博物館、万葉文化館、民俗博物館、県立美術館は、障害者手帳をお持ちの人と介助者1名は入館無料。橿原考古学研究所附属博物館、万葉文化館、県立美術館は、外国人観光客(留学、長期滞在含む)は入館無料。民俗博物館は高校生以下と65歳以上の人、外国人観光客(留学、長期滞在含む)は入館無料。そのほか、各施設の展示内容により無料となる場合がありますので、HP等でご確認ください。
各施設の入館は閉館30分前まで。料金の( )は、20人以上の団体料金。
県立美術館
奈良市登大路町10-6
TEL
0742-23-3968
[テレホンサービス]
TEL
0742-23-1700
FAX
0742-22-7032
9時~17時
月曜・3月26日(月曜日)~4月20日(金曜日)展示替えのため休館
URL
www.pref.nara.jp/11842.htm
 
開催中

3月25日(日曜日)
<伝統工芸企画展>
赤膚焼・奈良一刀彫・奈良
漆器…悠久の美と技
奈良の伝統工芸としての赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器の歴史と現在を紹介します。
一般400(300)円
大・高生250(200)円
中・小生150(100)円
美術講座「奈良の伝統工芸・これまでと現在」
3月18日(日曜日)13時30分~14時30分(13時開場)
申込不要・先着80人・要観覧料
ギャラリートーク 3月3日(土曜日)・17日(土曜日)14時~15時 要観覧料
ミュージアムコンサート
3月3日(土曜日)・10日(土曜日)・17日(土曜日)・21日(祝)・24日(土曜日)・25日(日曜日)無料
NPO法人 文化創造アルカによる連携展示
「奈良きたまちの古今拝見」も同時開催 無料
若草中学校吹奏楽部によるミニコンサート
3月11日(日曜日) 申込不要・無料
ステキなお店大集合!「奈良きたまちマーケット」
3月18日(日曜日)12時~16時
[場所]美術館前庭(荒天中止)
※開催内容・日時等詳しくはHPまたは来館で。
森川杜園「福の神」1889(明治22)年個人蔵
森川杜園「福の神」
1889(明治22)年
個人蔵
図書情報館
奈良市大安寺西1-1000
TEL
0742-34-2111
FAX
0742-34-2777
9時~20時
月曜・3月2日(金曜日)まで館内工事のため休館
URL
www.library.pref.nara.jp/
 
館長公開講座「図書館劇場XII」第6幕「大和から探る日本文化」
3月25日(日曜日)13時~(12時開場)要申込・先着200人・500円
[出演]千田稔館長、都築由美さん(朗読)他
ビブリオバトル#88
「サン・ジョルティの日」特別企画 テーマ「贈りたい本」
4月21日(土曜日)13時30分~(13時開場) 要申込・無料
申込方法は、イベントにより異なりますので、電話かHPまたは来館でご確認ください。
企画展「KAKUKAKU SHIKAJIKA―書描鹿々(かくかくしかじか)―」
3月13日(火曜日)~25日(日曜日)(25日(日曜日)は16時まで)

「奈良の鹿」をテーマにアーティスト等が制作した作品を展示します。
●KAKU SHIKA MARKET 3月25日(日曜日)10時~16時
奈良の鹿をこよなく愛する作家による、鹿モチーフのグッズ販売。
企画展「世界のブックデザイン2016-17」
3月20日(火曜日)~4月26日(木曜日)

「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書などを展示します。
橿原考古学研究所附属博物館
橿原市畝傍町50-2
TEL
0744-24-1185
FAX
0744-24-1355
9時~17時
月曜・3月22日(木曜日)
URL
www.kashikoken.jp/museum/
 
開催中

3月21日(祝)
<特別陳列>
万葉集の考古学
万葉集に関係する飛鳥・奈良時代の人物や遺跡・遺物を考古学的に掘り下げ、紹介します。
一般400(350)円
大・高生300(250)円
中・小生200(150)円
<特別陳列>博物館の歩み
開催中~3月21日(祝)無料

研究所が今年で80周年を迎えるにあたり、博物館のこれまでの歩みを旧蔵資料や過去の展覧会のポスターなどで紹介します。
講演会 3月18日(日曜日)13時~16時(12時開場)
申込不要・無料
(1)「博物館と友史会の歩み」 講師:坂 靖(当博物館)
(2)「歴史考古学から見た万葉集」講師:鶴見泰寿(当博物館)
「奈良三彩壺」東竹田遺跡出土
「奈良三彩壺」
東竹田遺跡出土
万葉文化館
明日香村飛鳥10
TEL
0744-54-1850
FAX
0744-54-1852
10時~17時30分
月曜・3月12日(月曜日)~3月16日(金曜日)展示替えのため休館
URL
www.manyo.jp/
 
3月17日(土曜日)

5月6日(日曜日)
<展覧会>
万葉の装い
―額田王から淀殿、そして今へ―
京都染織文化協会所有の復元女性衣装を中心に、日本の装いについてアプローチを試みます。
一般600(480)円
大・高生500(400)円
中・小生300(240)円
万葉癒やし空間19 ~万文コンサート~ トリオ
3月11日(日曜日)14時~15時(13時30分開場)
申込不要・先着250人・無料

[出演]奈良フィルハーモニー管弦楽団メンバー
万葉こどもシアター「怪盗グルーのミニオン大脱走」
3月24日(土曜日)(1)10時30分~12時15分 (2)14時~15時45分
申込不要・先着250人・無料
 整理券配布 (1)10時~ (2)13時~
万葉集をよむ「大伴家持(おおとものやかもち)と藤原久須麿(くすまろ)(巻4・783~792)」
3月28日(水曜日)14時~15時30分(13時30分開場)
申込不要・先着150人・無料
箱崎睦昌「藤波の花」万葉文化館蔵
箱崎睦昌「藤波の花」
万葉文化館蔵
民俗博物館
大和郡山市矢田町545
TEL
0743-53-3171
FAX
0743-53-3173
9時~17時
月曜
URL
www.pref.nara.jp/1508.htm
 
開催中

3月25日(日曜日)
<季節展>
ひなまつり ―人形たちの宴―
一般200(150)円 大学生150(100)円
●展示解説 3月11日(日曜日)13時~
コーナー展「旅と行楽」
3月17日(土曜日)~4月22日(日曜日)
ワークショップ「かまどご飯でおむすびをつくろう」
3月25日(日曜日)10時~ 要申込・先着10人・有料

[場所]旧臼井家住宅
実技講座「大和機(やまとばた)で麻布(あさふ)を織る―材料作りから織りまで―」
4月14日(土曜日)~平成31年3月23日(土曜日)(全20回)
往復はがきで要申込(3月14日~3月30日)・8人(抽選)・11,000円
「ひなまつり―人形たちの宴―」
「ひなまつり―人形たちの宴―」
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら